ユダヤ文化と日本:秦氏一族の 構成比は 約85% とされている のだ

豊前国北部の戸籍(大宝二年)のうち、「上三毛郡塔里・上三毛郡加目久也里・仲津郡丁里」の分が残っており、その成果を活用させていただくと、秦氏一族が圧倒的に多い。上記戸籍の合計人数を分母に、人口構成比を算出すると、まさにそこは「秦氏」の「王国」であった。

ユダヤ文化と日本:巫女王 卑弥呼を 共立する 宗教国家 であった 日本

さて女王国自体の統治体制は、「投馬国(出雲国)」を筆頭にした国々が、巫女王卑弥呼を共立する宗教国家であった。政治・軍事面では、主として出雲国が女王を支援する体制であり、政教分離国家として機能していた。しかし卑弥呼が亡くなると、宗教面の共立関係が壊れて、邪馬台国に属する国々は大いに乱れた。政治一本やりの倭国では、まとまりがつかない現実があったのである。

ユダヤ文化と日本:出雲が ユダヤ系 首長の 支配する 国であった 証拠

代々の伊都国の王たちは、女王国(邪馬台国)を「統属」させて、間接支配下に置いた、と述べているのである。またbの文は主語の明示がないが、「女王国」ではない。「倭人伝」では伊都国から遠く、多くの日数をかけて水行・陸行したのちに到着する「女王国」である。

ユダヤ文化と日本:日本の神社に 参拝は ユダヤの 神殿の お詣りに 等しい

日本の神社に参拝することは、意識するかしないに関わらず、ほとんどユダヤの神殿でお詣りしているのに等しいことが分かる。そればかりか、榊を手にした神主が低頭する信者のまえで清めのお祓いをしてくれることは、ユダヤの祭司が植物の枝や穀物を上下左右に揺り動かして罪を清める古代イスラエルの風習そのものである。

ユダヤ文化と日本:神武 崩御年 から2016年 までが ちょうど2600年

秦氏のためには、奈良盆地における同氏の活躍を記念するため、どうしても一人目のハツクニシラススメラミコトである神武が必要であった。后のお名前「富登多多良伊須須岐比賣(ほとたたらいすすきひめの)命」にも、ユダヤ系出身を示す特徴的な言葉=HOTOが見られる。HOTOは「ユダヤ」のことであり、TATARAは「蹈鞴(たたら)製鉄」の意である。

スポンサーリンク