01.アドラーの 「嫌われる勇気」 とは、どんな本なのでしょうか?

01.アドラーの 「嫌われる勇気」 とは、どんな本なのでしょうか?

皆さんご存じの、ベストセラーになっている 「嫌われる勇気」 を読んで見ました。このブログは日本で一番詳しく誰にでも分かりやすくアドラー心理学の本を解説しらブログであると思います。タイトルだけ読むと、 「好き嫌い」 について書かれた本だと、思われるかもしれません。もちろん、この本は 「嫌われる勇気を持ちなさい」 と、書かれています。しかし、それはごく一部に過ぎないのです。今後182話にわたりアドラー心理学をどこよりも詳しく解説していきたいと思いますので、どうぞお付き合い願います。

スポンサーリンク

実はこの本の中には、もっと重要なテーマが書かれているのです。それは 「幸せに生きる方法」 です。実は、「あること」 に注意すれば、多くの人が、今よりも、ずっと自分らしく幸せに生きる ことができます。自分を好きになれない、自信が持てない、自分らしさを発揮できない、などと悩まなくても、済むようになります。

スポンサーリンク

その 「あること」 とは ・・・なんでしょうか?それは 「周囲の人との関わり方」 ではないでしょうか。
私が、この事実に気づいたのは、20歳のときのことでした。
アルベルト・アインシュタイン博士の言葉から、大きなヒントを得て、生き方を変えたのです。
それ以来、試行錯誤を重ね、構築してきたものが、この本の内容と、ほぼ一致していたのです。

スポンサーリンク

この 「嫌われる勇気」 は、よくある安易な自己啓発本ではありません。
オーストリア出身の精神科医、アルフレッド・アドラー (1870~1937) の心理学に基づいて書かれています。
具体的には、自信が持てない若者と、 「人は今日からでも幸せになれる」 と説く哲学者との、対話形式が採られています。
おかげで、 誰もが小説のように気軽に読める本 になった、のではないでしょうか。

48年間、実践してきた者として、私はアドラーの提唱する生き方を、多くの人にお勧めします。

スポンサーリンク

自分らしい生き方を取り戻せば、自由、解放感、充実感、達成感、責任感、自他の尊重、貢献の精神などを、得ることができます。
おかげで、同世代の人たちと比べ、 人生における疲労感は、格段に少ない ようです。
また、その結果として、公私ともに、より多くの成果が得られたのではないでしょうか。

アドラーが提唱する生き方と、その他の生き方の違いは、表面的なものから発生している訳ではありません。
根本的な考え方の違いから、発生しています。
この本の中には、その仕組みが書かれています。
ぜひ、内容をマスターされ、本来の自分らしい生き方を、是非とも発見 していただければ幸いです!

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 話題のウラの裏 – ブログに秘められた価値を提供します01.アドラーの … […]

  2. […] 話題のウラの裏 – ブログに秘められた価値を提供します  1 User01.ア… […]

  3. […] 話題のウラの裏 – ブログに秘められた価値を提供します  1 User01.ア… […]

  4. […] 話題のウラの裏 – ブログに秘められた価値を提供します  1 User01.ア… […]

  5. […] 話題のウラの裏 – ブログに秘められた価値を提供します  1 User01.ア… […]

  6. […] 話題のウラの裏 – ブログに秘められた価値を提供します  1 User01.ア… […]

  7. […] 話題のウラの裏 – ブログに秘められた価値を提供します  1 User01.ア… […]