04.アドラー劣等感は、「健全」 なものなのです 

04.アドラー劣等感は、「健全」 なものなのです

アドラー劣等感は、「健全」 なものなのです。

人間は、 「無力な状態」 で母親から生まれてきます。
しかし赤ちやんは保護者がいなければ、数日以内に亡くなることでしょう。
このままの状態では、自力で生きることができません。
本能から指令を受け、「早く、この状態から脱したい」 という欲求 を、強く持ちます。

スポンサーリンク

ところが、すぐに一人前になれる訳ではありません。
1mジャンプするつもりが、80㎝しか飛べず、水たまりに落ちたりします。
このように、理想 (目標) の自分に到達できないとき、自分が劣っているかのような感覚 を抱きます。
アドラーから言わせれば、これが劣等感の正体なのだそうです。

スポンサーリンク

理想 (目標) とは、向上心があることの証しなのです。
また、向上心がある限り、すべての人が劣等感を持ちます。
なので、アドラーは、 「劣等感そのものは健全なもの」 と述べています。
つまり、 「劣等感」 とは、むしろ人間にとっては好ましいものなのです。

スポンサーリンク

劣等感は、 「客観的な事実」 ではなく、 「主観的な解釈」 から 生まれます。
たとえば身長が160㎝だとすると、その 「客観的な事実」 から、劣等感が生まれる訳ではありません。
そこに 「どのような意味づけを行うか」 によって生まれます。
その結果、同じ160㎝でも、 「自分は背が高い」 と思う人もいれば、 「自分は背が低い」 と思う人もいる訳です。

スポンサーリンク

身長160㎝という 「客観的な事実」 そのものは、動かすことができません。
だから 「どうして自分の身長が160㎝なのか」 と悩み続けても、人生は何ひとつ改善されません。
自分の生い立ちや学歴、出身地、過去の出来事などについても、同じことが言えます。
つまり 「自分の力で変えることができない」 ことについて悩むのは、無駄なことだというわけです。

スポンサーリンク

一方で、 「主観的な解釈」 は、自分で選ぶことができます。
貴女がもし、主体性のある人生を取り戻したいのであれば・・・
「客観的な事実」 に対して、自分が 前進できる、向上できる、幸せになれるような 「意味づけ」 を行うべきなのです。
ただし重要でないことについては、 「あえて意味づけをしない」 という、選択肢もあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク