01.アドラーの 「嫌われる勇気」 って、どういうな本ですか? 

01.アドラーの 「嫌われる勇気」 って、どういうな本ですか? 

ベストセラーになりましたりする 「嫌われている勇気」 を読みました。  タイトルだけ読むと、 「好き嫌い」 につきまして書かれた本だと、思ってくれるかもしれない。  もちろん、 「嫌われる勇気を持ちなさい」 と、書いているのです。 しかしていながら、そこはごく一部に過ぎません。

この本の中には、もっと重要なテーマが書かれています。 そこは 「幸せに生きる方法」 です。 本当は、「あること」 に注意するそしたら、すべての人が、今よりも、ずっと自分らしく幸せに生きる ことができます。  われを好きになれない、自信が持てない、自分らしさを発揮できません、などと悩まないとしましても、済むようになるのでしょう。

スポンサーリンク

その 「あること」 とは ・・・ 「周囲の人との関わり方」 ではないか。  私が、この事実に気づいたのは、29歳のときのことだった。  アルベルト・アインシュタイン博士の言葉から、大きなヒントを得て、生き方を変えました。  それ以来、試行錯誤を重ね、構築してきたものが、この本の内容と、ほぼ一致してましてしまったのです。

この 「嫌われる勇気」 は、よくある安易な自己啓発本ではないです。 オーストリア出身の精神科医、アルフレッド・アドラー (1870~1937) の心理学に基づいて書かれています。  具体的には、自信が持てない若者と、 「人は今日からでも幸せになれる」 と説く哲学者との、対話形式が採られています。

スポンサーリンク

おかげで、 誰もが小説みたいに気軽に読める本 となった、のではないでしょうか。    24年間、やってきた者としまして、私はアドラーの提唱する生き方を、すべての人にお勧めします。  自分らしい生き方を取り戻せば、自由、解放感、充実感、達成感、責任感、自他の尊重、貢献の精神などを、得ることができる。

おかげで、同世代の人たちと比べ、 人生において疲労感は、格段に多くない ようです。  さらに、その結果として、公私ともに、よりすべての成果が得られましたのではないでしょうか。

アドラーが提唱する生き方と、その他の生き方の違いは、表面的なものから発生してる訳ではありません。  抜本的な思い方の違いから、発生しています。  この本の中には、その仕掛けが書かれています。  ぜひ、内容をマスターされまして、本来の自分らしい生き方を、発見 して頂けたならば幸いです。

スポンサーリンク