悪魔は存在するのか?悪魔とは何ですか? 27

悪魔は存在するのか?悪魔とは何ですか?

スポンサーリンク

悪魔とは、”悪を実行することを目的とした存在 “のことです。

では、「悪」とは具体的に何でしょうか?

“人を苦しめる””人を悲しませる””人を傷つける “など、

人に害を与えることです。つまり、悪魔とは

“人間を苦しめることを目的とした存在 “なのです。

果たして、人間に害を与える、有害な「悪魔」は存在するのでしょうか?

永遠に悪であり、善のかけらもないものがこの世に存在するのだろうか。

スポンサーリンク

結論から言うと、「悪魔」はこの世に存在しません。
悪魔」は想像上の存在であり、100%実在しないと断言できます。

なぜかというと、もし悪魔がこの世に存在するとしたら、

それは誰が作ったのでしょうか?悪魔」が存在するということは、

「悪魔」を作った存在がいるということです。

第1章で述べたように、この宇宙は、

ある知的な意識体(創造主)によって作られました。

宇宙を創った創造主は、自分が創ったものを

破滅させるような「悪魔」を創ることはできません。

スポンサーリンク

それは、自分の国を意図的に破滅に追いやるリーダーがいないのと同じです。

この地球上のどの国も発展を望んでいます。

もし、宇宙や地球などの万物を創造した存在(創造主)が

悪魔を作ったとしたら、この世界は悪と混乱に支配された世界となり、

破滅の危機に瀕するでしょう。

なぜなら、悪魔は人間を苦しめることを目的としているからです。

スポンサーリンク

しかし、世界を見る限り、世界は進歩と向上の道を歩み続けています。

もし、悪魔が存在していたら、世界は進歩することなく

破滅の道を歩むことになる。

つまり、”悪魔 “は実在するものではなく、

人間が作り出した想像上の存在であり、”悪の象徴 “であるとも言えるのである。

“悪魔 “のアナロジーは “無知 “です。
では、もし “悪魔 “が実在しないのであれば、

なぜ世界には残忍で残酷な犯罪や戦争が存在するのでしょうか。

これらの犯罪は、人々を傷つけ、苦しめ、悲しませます。

スポンサーリンク

“悪魔がいなければ、この世に犯罪も暴力も戦争も存在しないはずだ。

” みんなそう思っているはずです。

しかし、実際には、犯罪や暴力、戦争は「悪魔」の

存在から発生するのではなく、そのような犯罪や

苦しみの根本的な原因は「無知」に起因しているのです。

何が「無知」なのかというと、何が善で何が悪なのかという

「善悪」の基準を正しく理解していないからなのです。

スポンサーリンク

例えば、戦争が起こるのは、お互いが自分の

国の利益しか考えていないからです。一言で言えば、

「利己的」な考えが戦争を引き起こすのです。

自分の国の立場を相手の国の立場に置き換えることができれば、

戦争という悪は起こらない。

人間は最初から「悪いこと」をしようと思って行動するのではなく、

自分勝手な考えで行動し、その結果「悪いこと」をしてしまうのです。

スポンサーリンク

そのためには、正しい知識を学び、

“無知 “から脱出することが大切です。

人間が進歩して、”利己的 “な考えを

“利他的 “な考えに変えることができるようになれば、

この世から “悪 “や “悪魔 “の概念は消えていくでしょう。



スポンサーリンク