「甘えるのが上手」と「わがまま」の違いとは?そのポイントとは

甘えるのが上手」と「わがまま」の違いとは?

40代、50代の中高年になると、10代、20代と同じいわゆる

恋愛テクニックが通じなくなってきます。

お互いに人生経験が豊富なので、

今度は大人同士の出会いで掘り出し物が出てきます。

そんな中で、”甘え上手 “と “わがまま “の違いが

わからない人もいるかもしれません。
その違いがわからないと、「甘えたいけど、

これはわがままなのかもしれない・・・」と悩んでしまいます。
ここで、”甘え上手 “と “わがまま “の違いを改めて確認しておきましょう。

スポンサーリンク

・ 聞くのが得意かどうか

甘え上手」と「わがまま」の違いの1つ目は、

「お願い上手」かどうかです。
例えば、家で食事を楽しんだ後、

食洗機を頼みたいと思ったとします。
相手は、「この間、私が洗ったときよりもずっときれいに

洗ってくれたので助かりました」と頼めば、悪い気はしません。またお願いしてもいいですか?”
上手に立ち回りながら、甘えています。
しかし、内容が同じであっても、”疲れたからお皿を洗うね!”と

言われたら、相手はがっかりします。

スポンサーリンク

相手は「疲れたな」と思い、自分勝手に受け取るだけになってしまいます。
相手の性格を考えて言葉を選ぶ必要があるので、求められると困るかもしれません。
しかし、逆に言えば、内容が同じでも、

言葉の選び方、伝え方、頼み方を変えるだけで、相手の反応は大きく変わるということです。甘えるのが得意な人は、今まで断られていた内容も受け入れられるかもしれません。

スポンサーリンク

相手に負担をかけないかどうか

甘え上手とワガママのもう一つの違いは、相手の負担になるかどうかです。
例えば、相手の仕事が忙しいとわかっているのに、「あれして」「これして」とお願いするのは、ただのわがままです。

相手の負担になることがわかっているのに要求してしまうと、相手からの印象が悪くなってしまいます。
“えっ、こんなときにお願いするの?”と幻滅されてしまうかもしれません。

逆に、甘えるのが得意なタイプの場合は、相手に負担をかけないタイミングで、あまり負担をかけないようにしてください。

スポンサーリンク

相手に余裕がありそうなタイミングで「あれしましょう」「これしましょう」とお願いすることで、相手も要望を聞き入れやすくなります。

これだけを見ると、甘え上手は小賢しいと思われるかもしれませんが、相手の負担にならないかどうかを考えることは、相手への思いやりでもあります。

思いやりがあれば、甘え上手になれるし、思いやりがなければ、ただのわがままで終わってしまう。

スポンサーリンク

実現可能かどうか

何かをお願いするとき、それが実現可能かどうかが、上手にできるか、わがままになるかの分かれ目になります。

例えば、海へのドライブデートで、途中でカフェに寄りたいと思ったら、それは十分に可能です。
しかし、海へのドライブデートなのに、「急に富士山に登りたくなった」とリクエストするのは、完全にわがままです。

あえて実現不可能な要求をぶつけて、相手がどれだけ頑張っているかで相手からの気持ちや愛情を確認するタイプもいますが、

こういうことをしてしまうと大変なことになってしまいます。また、いい出会いがないのも寂しいですね。

スポンサーリンク

なにより、40代、50代のいい大人が、こんな子供じみたことをしてはいけないし、相手に嫌われてしまう可能性もあります。

また、実現可能な甘さは、自分だけでなく相手も満足させます。

なぜなら、基本的に人は誰かに何かを頼まれると、できるだけそれを実行したいと思うものだからです。

実現可能なお願いをすることで、自分も満足し、相手も “やったぞ!”という満足感や達成感を得ることができます。

人の役に立つことは気持ちがいいので、できるだけお互いがハッピーになるような甘え方を得意としたいですね。

スポンサーリンク

感情をむき出しにするかどうか

甘え上手とワガママのもう一つの違いは、希望が叶わなかったときに感情を露わにするかどうかです。

自分がお願いしても相手が叶えてくれなかったり、自分が努力しても叶えてくれなかったりすると、機嫌が悪くなる人が多いですよね。

これは完全に自分勝手です。

子供が “これ買って!”とその場でしゃがみ込んで泣いているのと同じです。スイーツコーナーで、はっきり言ってひどいですよ。

スポンサーリンク

これは40代、50代の中高年の方には不向きですので、気をつけてくださいね。
もちろん、希望が叶わないと落ち込んだり、

機嫌が悪くなったりする気持ちはわかります。
しかし、そのような態度が相手を追い詰めることを十分に理解しましょう。

相手は自分に罪悪感を持っているかもしれないので、

それを追い詰めるようなことはしないようにしましょう。

逆に、甘えるのが得意な人は、たとえ希望が叶わなくてもそこでふてくされることもありません。

スポンサーリンク

こういったことを繰り返していくと相手は相手で満足感や達成感といったものを得られるようになりますし、本当にWIN-WINの関係でいられるようになるのです。

40代や50代で中高年と呼ばれるようになると「甘え上手」という言葉の響きに抵抗を感じるかもしれませんが、

わがままを卒業して甘え上手になることによって出会いを大切にしていくことができるのです。

相手との関係もぐっと進展していくでしょうし、結婚後もずっと仲良しでいられるかもしれませんよ。

是非甘え上手を目指していきましょう。



スポンサーリンク

スポンサーリンク