婚活なのか遊びなのか?40代50代からの遊びと本気の違いとは?

「早く教えてよ!」40代50代~遊びと本気の違い

スポンサーリンク

40代50代になっても恋愛を楽しみたいという方は多いものです。
ただ、恋愛と一口に言っても遊びの恋愛と本気の恋愛があります。

遊びの恋愛を求めている方にとっては本気の恋愛は重たいですし、

逆に本気の恋愛を求めている方にとっては遊びの恋愛は避けたいものです。

では、遊びなのか本気なのかをどのように見極めていけばいいのでしょうか?
ここでは、40代50代の方のために遊びと本気の違いについて触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

・連絡の仕方

連絡の仕方というのは、遊びなのか本気なのかを見極めやすいポイントです。
これは男女ともに同じような傾向が見られるのですが、

やはり本気の相手にはまめに連絡を入れますし、デートの約束をするときには前もって相手の予定を確認するなどの気遣いが見られます。

逆に、遊びの相手に対してそういった気遣いを見せることはあまりありません。

「今日会えますか?」「今から会えますか?」といった急な誘いをすることがほとんどです。
普通に考えて、相手が誰であろうと急な誘いというのは困るものです。

スポンサーリンク

40代50代のいい年をした大人であれば、それは十分すぎるほどわかっているはずです。
それなのにも関わらず、相手の都合も考えずに突然誘うというのはやはり相手への思いやりや気遣いに欠けます。

普段はあまり連絡をしてこないのに、突然会おうという誘いが来るといった連絡の仕方をしてくる相手の場合、男女関係なく遊びである可能性が高いと考えていいでしょう。

ただ、もともと男性はそこまで連絡をまめにしないというタイプも多いですし、性別に関係なく仕事の関係で当日にならないとスケジュールがわからないという方もいるかもしれません。

相手の性格や事情を考慮した上で判断していくことをおすすめします。

スポンサーリンク

・体の関係を持つまでの時間

体の関係を持つまでの時間というのも、見極めポイントになります。
やはりすぐに体の関係を持とうとするのは、男女関係なく遊びである可能性が高いと言えるでしょう。
女性からすると「男性はいつまで経っても性欲がある」と思ってしまいがちなのですが、一般的には40代50代からは性欲も落ち着いてきますし、好きになった相手と体の関係を持ちたいという気持ちも和らいでくると言われています。

スポンサーリンク

あくまでもひとつの傾向ではありますが、こういった傾向があるからこそ特に女性にとっては男性が体の関係をすぐに求めてくるかどうかが判断のポイントになってくるのです。

また、40代50代になってくると逆に女性の性欲のほうが強いということもチラホラ出てきます。
男性は男性で女性が激しいボディタッチですぐに体の関係に持ち込もうとするかどうかをチェックしておきましょう。

男性も女性も本気の相手とそう簡単に体の関係を持とうとはしないものです。
本気だからこそ慎重にいきたいわけですし、本気だからこそ大切にしたいのです。

スポンサーリンク

・デートでの振る舞い

デートでの振る舞いというのは、実は思っている以上に遊びと本気の違いを見分けるポイントがたくさんあります。

男女に共通しているのが、人目を避けるかという部分です。
人が多く集まる場所やいろいろな人に見られる場所を避けるのはもちろん、飲食店にしても完全な個室ばかり選ぶといった感じですね。

今は新型コロナウイルス感染防止の観点からそうしているケースもあるとは思うのですが、それを抜きにして誰かに見られることを恐れている感じがある場合には遊びである可能性が高いです。

スポンサーリンク

やたらと人目を気にしている感じで、友達にすら紹介してくれないということであれば存在を隠そうとしていると判断できるでしょう。

また、男性の振る舞いに限ってみていくと男性が女性に対してどこに行きたいのか、何を食べたいのかなどの意見を聞いてこない場合にはその女性のことを尊重していないのかもしれません。

もちろん、リードしたいタイプで事前にプランを決めていることもあるかもしれませんが、40代50代という大人であればやはり相手の女性への気遣いとして女性の意見を聞くものです。

スポンサーリンク

女性の意見を一切聞かずに男性の行きたいところや食べたいものに付き合わされるということが続くのであれば、それは遊ばれている可能性が高いと言えるでしょう。

本気の女性相手であれば、思いやりや気遣いで至れり尽くせりのデートになるはずです。
では、女性の振る舞いに関してはどうでしょうか?

スポンサーリンク

女性の場合、遊びの相手にはおねだりをすることが多いようです。
「あれが食べたい」「これがほしい」といった要求ばかりの場合には、男性は遊ばれている可能性を考えたほうがいいでしょう。

ひどい場合には、何か食べたいものがあったりほしいものがあったりしたときだけデートをするといったケースもあります。

スポンサーリンク

・結婚についての話

40代50代の恋愛となってくると、やはり生涯を共に歩んでいくパートナーとして意識するようになりますので結婚の話が出てくるのは普通のことです。

ただ、男女問わず結婚の話をしたがらない、結婚の話をするとはぐらかすといったことが続く場合には遊びの可能性が高いかもしれません。

40代50代であれば年齢が年齢ですので、本気での恋愛なら早い段階で結婚の話をすることになるでしょう。

スポンサーリンク

もちろん、過去にトラウマがあってなかなか結婚に積極的になれないという方もいるかもしれませんが、そういう嘘をついてズルズルと関係を続けさせるようなケースもあります。

結婚を真剣に考えている方であれば、事情がどうあれ相手が結婚の話に対してどのように向き合うのかで関係を続けるのか終わらせるのかを判断することになるでしょう。

スポンサーリンク

・大切なのはお互いの目的が一致しているのかどうか!

恋愛にもいろいろな形がありますので、お互いが納得しているのであれば遊びでもいいわけですし、本気でもいいわけです。

ただ、恋愛というのはそう簡単に割り切れるものではありません。
口では遊びと言いながら本気のこともありますし、逆に本気だと言いながら遊びのこともあります。

スポンサーリンク

遊びのつもりだったのに本気になってしまうこともあれば、本気のつもりだったのに遊びになってしまうこともあるでしょう。

だからといって、「今から遊びの関係にします」「今から本気の関係にします」といった言葉にはしません。

お互いがお互いの言動から察していくしかないのです。

遊びたい方は同じように遊びたい方と関係を続けていけばいいですし、本気の方は本気の方と結婚を目指していけばいいのです。

スポンサーリンク

大切なのはお互いの目的が一致しているかどうかです。
お互いの目的が違っているまま関係を続けると、お互いに苦しくなっていく一方です。

そうならないためにも、お互いが遊びなのか本気なのかを見極めて、必要であれば関係を終わらせて、次の出会いを見つけるといったことをしていきましょう。

40代50代という節目の年齢だからこそ、「ダメなものはダメ」と割り切っていく勇気も必要なのです。

同じベクトルに向かっていけるパートナーは必ず見つかります。
前向きにいきましょう!

スポンサーリンク



スポンサーリンク