アドラー心理学一覧

人間として自立して生きる生きい方知る! 85 

アドラー心理学は「自立のための心理学」でもあります。たとえば、「因果論」から「目的論」への転換。今の自分」に不満がある場合、それを他人や過去のせいにするのではなく、自分の選択の結果だと考える。つまり、自分の人生に対する主体性を高めるための考え方とも言えます。

成長を続けるため自分に必要な 2つのポンを理解する 83

"自分は不完全だ」「その状態を改善しなければならない」。成長を続けるためには、この2つの意識が欠かせないでしょう。なぜなら、完璧な状態は終着駅を意味し、もう成長できないからです。ですから、完璧主義に陥る人は、成長から逃げているだけだと私は判断しています。

完璧主義者が実際に欠けている部分とは何か 82

例えば、伝統芸能の場合、過去に形が完成していますから、そこには「完璧」があるはずです。しかし、落語や歌舞伎のような分野でも、常に「新しい要素」を取り入れています。また、"酢 "や "納豆"、"酒 "などの伝統的な食べ物やお酒は、より食べやすく、飲みやすくなっています。時代とともに状況が変化するからこそ、

「80対20の法則」を駆使すると貴方は博識者になれる 81

皆さんは「80対20の法則」をご存知ですか?もともとは、イタリアの経済学者パレートが発見した「バレートの法則」がベースになっています。それをもとに、現代のビジネスにおいて拡大解釈や経験から生まれた法則ではないでしょうか?80は「結果」、20は「結果の要因」を表しています。

79.アドラー心理学:他者貢献への取り組み方 

「社会貢献」 や 「他者貢献」 を、実践するコツは、難しく考えすぎない ことです。 たとえば、自分が、小さな中華料理店の、店主だったとします。 もちろん、無名の存在で、しかも、料理の腕も、特に優れている訳ではありません。 一方、世の中には、 「中華の達人」 と、呼ばれる人たちもいます。

77.アドラー心理学の上手に失敗するコツとは   

新たなことに、挑戦する場合、1回で成功することは、ほとんど期待できません。もし、早く成功したければ、早く挑戦して、早く失敗を、経験しなければいけません。しかし、失敗の仕方を間違えると、大きなダメージを受けます。そこで、ビジネス書を読むなどして、 「上手に失敗するコツ」 の改善に、努めてきました。

76.アドラー心理学・失敗を恐れずに、そこから学ぶこと  

多くの場合、一度の挑戦で、うまく行くことなど、ほとんどありません。そういう運命のもとに、生まれてきたのだと、20代くらいから、自覚しています。たぶん、 知識や理屈だけでは、マスターできず、経験を必要とする からでしょう。この点において、本当に頭脳明晰な人たちとは、大きく異なる訳です。

スポンサーリンク