これで納得・出会い系マッチングサイトのプロフィールの書き方

出会い系マッチングサイトのプロフィールの書き方

スポンサーリンク

【男性編】出会い系マッチングサイトで女性に好感を持たれて、モテるプロフィールの書き方と例文、逆に注意点やNG事項なども出会い系アッチングアプリ体験者が丁寧に解説していきます。

・出会い系マッチングサイトのプロフィールは名刺のようなもの
出会いマッチングサイトに限らず、プロフィールというものに対して最初から積極的な男性というのはあまりいないかもしれませんね。SNSなどでも女性は楽しみながら考えながらプロフィールを書いているのが伝わってきますが、男性の場合、驚くほど簡潔な仕上がりになっているものも少なくありません。

スポンサーリンク

それがSNSなどであればプロフィールの書き方も自由ですし、何も考えなくていいのですが出会い系マッチングサイトとなってくると話は別です。

お互いに知らない者同士がやり取りをすることになるのですから、相手がどのような人物なのかを知るための情報が必要になってきます。それがまさにプロフィールというわけですね。

スポンサーリンク

言ってしまえば、出会い系マッチングサイトのプロフィールというのは名刺のようなものです。きちんとした名刺を用意していなかっただけでビジネスチャンスを逃してしまうのと同じように、出会い系マッチングサイトでプロフィールをきちんと書いていなかっただけで出会いのチャンスを逃してしまうのです。

これまでプロフィールに力を入れていなかったという方や最低限でいいやと考えていた方は、これを機にご自身のプロフィールを練り直し、書き直してみてください。もしかしたら今まで出会いをつかめなかったのは、プロフィールに問題があったのかもしれませんよ?

スポンサーリンク

・モテるプロフィールの構成とは?
女性から好感を抱いてもらえてモテるプロフィールの書き方というのは一体どうすればいいのでしょうか?まずはその構成というものを考えていきましょう。

構成を押さえて書いていけば、自ずとよりよいプロフィールに仕上がっていきます。プロフィールに限らず、文章というのは思いのままに書いていくよりもある程度計画を立てて書いたほうがいいです。

もともと文章を書くのを苦手としている方であれば、なおのことです。では、さっそく具体的な構成についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

【挨拶】
まずは挨拶ですね。
先では出会いマッチングサイトのプロフィールは名刺のようなものだとお話しましたが、対面していれば名刺交換をするときに自分の口で挨拶を伝えることができます。

ただ、出会いマッチングサイトにおいてはあくまでもインターネット上でのつながりです。対面しているわけではないので、挨拶もプロフィールに含めておくべきなのです。

実際に出会いマッチングサイトのプロフィールというのは不特定多数の人が目を通すのですから、人として挨拶は最低限必要となってきます。最近では挨拶をしても返してこないような人もいますし、余計に「挨拶くらい……」と思ってしまうかもしれません。

しかしながら、そういった些細なところを女性は見ているのです。挨拶があるだけで「人としてちゃんとしている」という印象を与えることができます。挨拶だけで印象がよくなるのであれば、安いものですよね。

スポンサーリンク

【自己紹介】
挨拶の次は、自己紹介です。
出会いマッチングサイトのプロフィールでの自己紹介となってくると、プロフィール作成の際に自己紹介の部分にそのほとんどを割いてしまうという方も出てくるかと思います。

もちろん、プロフィール欄での自己紹介ですから気持ちもわかるのですが、それでは女性の心はつかめません。

自己紹介はシンプルでOKです。
逆に、だらだらと自己紹介という名の自分語りをしてしまうとそれだけで印象が悪くなってしまいます。一方的な自分語りをすると女性から「オレ様タイプっぽい」「空気読めなさそう」「グイグイ来そう」などと思われてしまいます。

自己紹介はどのあたりに住んでいるのか、今どのような仕事をしているのかくらいで問題ありません。実際に会うのであれば場所がポイントになってきますし、女性としては男性の仕事も気になるところです。要は、女性の知りたい部分だけを提示することが大切なのです。

スポンサーリンク

【目的】
自己紹介の後には、何のために出会いマッチングサイトを利用しているのかその理由を述べておきましょう。出会いと一口に言っても、いろいろあります。友達からスタートさせたいという方もいれば、すぐにでも恋愛をしたいという方もいるでしょう。さらにその先の結婚まで考えているという方だっているのです。

出会いにおいてはお互いの目的がマッチしてないと、お互いの時間と労力を無駄にしてしまいます。効率的な出会いのためにも、目的を明確にしておきましょう。

目的を書くと「ガツガツしているように思われるのでは……」と心配になってしまう方もいるかもしれませんが、出会い系マッチングサイトにおいては誰もが平静を装ってガツガツしているものです。目的に関してはストレートに表現して構いません。ただし、人を不快にさせるような表現はNGです。

スポンサーリンク

【趣味】
趣味も大切なポイントです。
男女の出会いというのは共通の趣味をきっかけにしたものが多い傾向にあります。なんだかんだで共通点があると、それだけで盛り上がりやすくなります。

ただし、趣味にもいろいろなものがありますので、女性受けのいいものを選ぶ必要があります。特筆すべき趣味がないという場合には、料理やスポーツなどが無難かと思います。女性が趣味とすることが多いものをリサーチしておいて、それに合わせるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

【デートをイメージさせる内容】
どれだけやり取りをしていたとしても、実際にどのようなデートをすることになるのかはお互いにわかりませんよね。人間はわからないものに対して、本能的に恐怖感や不安感を抱きます。

だからこそ、女性を安心させてあげるためにも実際に会うことになったらどのようなデートをするのかについて簡単に触れておきましょう。もちろん、ここで詳しくデートプランを説明する必要はありません。

「仲良くなったら○○へ行きましょう!」程度でOKです。簡単な表現であっても、そこに具体性が見えることによって女性も警戒を解いてくれます。ここで「楽しそう!」と思わせることができれば強いですね。

スポンサーリンク

【女性に何をしてほしいか】
女性に何をしてほしいかというのは、言い換えると女性からどのようなアクションを起こしてほしいかということです。もちろん、男性から積極的にアプローチすることになるでしょうが、だからといって女性からのアプローチを諦めているわけではありませんよね?

女性からのアプローチがあればそのチャンスも逃さないようにしておきたいところです。そうなってくると、女性がアプローチしやすい土台を作っておく必要があります。

スポンサーリンク

そこで「気軽にメールくださいね」といった一言を添えればいいわけです。これは「女性からのアプローチを待っていますよ」というサインでもあります。女性は女性でその一言があるだけで、より気軽にメールが送れるようになります。

出会い系マッチングサイトのプロフィール作成にあたっての具体的な構成についてご紹介しましたが、これらの構成をもとに例文を作成してみたいと思います。

スポンサーリンク

「はじめまして。
~の~に住んでいる○○です。
~系の仕事をしています。
独り身が長いので、楽しく過ごせる彼女ができたらいいなと思い登録しました。
ドライブが趣味なので、仲良くなったら是非一緒にドライブに行きましょう!
お気に入りの絶景スポットをご紹介しますよ。
気軽にメールしてくださいね!」

ざっとこのような感じです。
そこまでのボリュームがなくとも、女性が知りたいポイントを押さえておけばそれだけで女性は安心してくれます。

スポンサーリンク

・プロフィールを書く上での注意点とNG事項
出会い系マッチングサイトのプロフィールを書く上での注意点なのですが、それは笑いについてです。正直なところ、思わずクスっと笑ってしまうような笑いの要素というのはあったほうがいいです。

感覚としては、Twitterなどでたくさんリツイートされ、いわゆるバズるようなツイートですね。ただ、この笑いの感覚というのはとても難しい部分でもあります。

やりすぎるとまったくウケないお笑い芸人を見ているような感覚になってしまいます。おやじギャグを連発して女性にドン引きされている男性をイメージしてみましょう。そうはなりたくないですよね?そのため、笑いを取り入れる場合には注意が必要なのです。

スポンサーリンク

また、NG事項に関してなのですが、いわゆるアダルトな話題というのは避けるようにしましょう。もちろん、いい大人であれば恋愛の先にそういったことが絡んでくる可能性のほうは高いのですが、それをわざわざ出会い系マッチングサイトのプロフィールに書く必要はありません。

「関係が進んでいけばいつかはそういうことになるだろう」ということを誰もがわかった上で、出会い系マッチングサイトを利用しているわけです。

スポンサーリンク

そういった中であえてアダルトな話題に触れると、「この男、どれだけ性欲強いんだ?」と思われてしまいます。それに客観的に見ても、みっともないです。

女性によって男性に求めるものは違うでしょうが、それでも多くの女性が男性に対しては紳士的な態度を求めているのです。女性が求めているものと真逆のものになってしまっていたのでは、つかめる出会いもつかめません。男性だからこそ抱えるものもあるでしょうが、そこはぐっと我慢です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク