15・あなたは何のために学校に行くのですか?

15・あなたは何のために学校に行くのですか?

何のために学校に行くの?
小学生や中学生は義務教育ですから、社会に出るための基礎知識を身につけるために学校に行きます。

そして、学校に行く目的はもう一つあります。それは、学校の先生や友達を通して、学校の人たちとのコミュニケーションの取り方を学ぶことです。

将来、社会に出て円滑な人間関係を築けるように、先生や友達と話したり、遊んだり、助け合ったりすることを経験するのです。

スポンサーリンク

時にはケンカをしたり、嫌なこともあるでしょう。しかし、そんなときには、相手の立場に立って物事を考え、相手の気持ちを理解することができるようになります。

人が嫌がることをしてはいけない」「こういうことをすれば幸せになれる」など、人と接することで、だんだんと人間に親しみが持てるようになってきます。

そのような経験をたくさんすることで、だんだんとスムーズな交流ができるようになります。

基本的には、高校生も大学生も学校に行く目的は同じです。主な目的は、知識を学び、コミュニケーション能力を身につけることです。

スポンサーリンク

もちろん、その基本的な目的は、第1章で述べたように「上達するため」です。

人は自分の進歩を向上させるために学校に行き、知識やコミュニケーションスキルを学びます。

人生のほとんどは人間関係に関わるものです。人生は人間関係を抜きにしては語れないほど重要な要素なのです。では、なぜ人間関係が重要なのでしょうか。

それは、人間が進歩・向上するためには、人間関係が必要だからです。

スポンサーリンク

人間社会はすべて学校
私たちの住んでいる世界は、進歩・向上のための学校です。そして、進歩・向上のために様々な教材が用意されています。

人は、喜びや悲しみ、楽しさや苦しみ、出会いや別れ、幸せや不幸せなど、さまざまな経験をすることで成長していきます。つまり、経験なくして人は成長しないのである。

いろいろなタイプの人がいるのは、その人から学ぶことがあるからです。そういう意味では、この世に価値のない人はいないとも言えます。

スポンサーリンク

また、すべての人間が同じタイプで同じ価値観を持っていたら、お互いの成長はほとんどありません。同じ価値観の人からは何も学べないのです。

あなたの周りにいる人は皆、あなたを成長させてくれる先生なのです。その先生に謙虚に接していれば、自分も成長して素晴らしい人間になれる。

このような視点で学校生活を送れば、あなたの成長は加速するでしょう。そして、人間関係の悩みを前向きに乗り越えられるようになります。



スポンサーリンク

スポンサーリンク