偶然に出来た世界ではないこの地球を考える 1

この世界は偶然に出来たのではありません

スポンサーリンク

今あなたが住んでいる地球は偶然にできたのか?

この宇宙は偶然に出来たのか?たまたま出来たのか?
それとも何らかの意志が働いて創造されたのか?

まず偶然とは何かを考えてみます。

偶然とは「必然性の欠如を意味し、事前には予期しえないあるいは起こらないこともありえた出来事のことである。」ウィキペディアより

つまり、意志や計画性が全く無い結果のこと。

地球が偶然に出来たと仮定するなら、地球の形が四角であったり、三角であったり、楕円形であったり、はたまたデコボコの泥団子の形でも不思議ではないのです。

スポンサーリンク

しかし、この宇宙を見渡しても太陽や惑星や衛星など、ほとんど全てが球体なのは、果たして偶然でしょうか?

たとえ、この地球が偶然に出来たとしても、地球上に存在する草や花、動物や魚、人間などが偶然に発生したのでしょうか?

スポンサーリンク

偶然出来たにしては出来過ぎている

例えば草花を見てみましょう。

夏に咲くひまわりの花を育てる場合、私達は、まず種をまいて水やりをします。
すると芽が出て成長して花が咲きます。

もし、ひまわりの花が偶然に出来たとするなら、ひまわりの種を人間にも作れるはずですよね?

なぜなら偶然とは、意志や計画性が全く無い結果なので、複雑な過程の中で創られたものではなく、再現可能なはずだからです。

しかし私達人間には、あらゆる材料を使っても、現代科学でひまわりの種を作ることは不可能なのです。

見た目はひまわりの種らしきものを作るのは可能でしょう。

しかしレプリカは作れても、ひまわりと同じ性能を持った種を作ることは、現代の科学では不可能です。

スポンサーリンク

現代の人間の科学力がいかに優秀でも、土に蒔いて、水をやれば芽が出て花が咲くという、そんな植物の種を、いちから作ることは出来ないのです。

ということは、ひまわりの種が、いかに優れたテクノロジーを駆使して作られたか、解るのではないでしょうか。

しかも、ひまわりが偶然に出来たのならば、夏だけでなく春や秋や冬に咲いてもおかしくないはずです。でも、なぜひまわりは夏しか咲かないのでしょうか。

スポンサーリンク

もう一つ例を上げましょう。

例えば鳥のハト。このハトがたまたま偶然出来たと仮定しましょう。

そして人間が作った空を飛ぶジャンボジェット機。

あなたは自然に存在するハトと、人間の作ったジャンボジェット機のどちらが、優れたテクノロジーで作られていると考えますか?

もし、人間の作ったジャンボジェット機のほうが、優れたテクノロジーで作られていると考えているのなら、それは間違いです。

スポンサーリンク

なぜなら、ハトより優れたテクノロジーのジャンボジェット機を作った人間なら、ジャンボジェット機より劣るテクノロジーのハトを作ることは簡単だからです。

でも人間は、いちからハトを作ることは出来ませんよね?

ハトのレプリカを作るのとは訳が違います。ちゃんと空を飛んで、餌を食べて、寝たり鳴いたりする本物のハトを、人間は作れますか?いくら頑張っても作れないでしょう。

ということは、ジャンボジェット機よりハトの方が、優れたテクノロジーを駆使して創られたということです。この優れたテクノロジーを駆使して創られたハトが、偶然出来たと考えるのはおかしいと思いませんか?

もしハトが偶然生まれたというなら、ジャンボジェット機も偶然生まれたという理論になります。

スポンサーリンク

つまり、この世界は偶然に出来たのではなく、ある目的を持って創られたということです。

もちろん、私たち人間は超高度なテクノロジーで創られた生命体であることは、言うまでもありません。このことは、今後の科学技術が進歩向上することで、明らかにされていくことでしょう。

スポンサーリンク

では「この世界は偶然に出来たのか?」の結論を言いましょう

この宇宙や地球、そこに存在するあらゆる自然界の存在物は、たまたま偶然に出来たのではありません。人類よりはるかに高度なテクノロジーを駆使できる意識体により、この世界は創られました。

しかも、その意識体はミクロの素粒子や原子レベルから、マクロの銀河や惑星など宇宙レベルまで完璧ともいえる法則で統制していると考えられます。

私は、その意識体の存在を「創造主」と呼んでいますが、人によってはその存在のことを「神」と呼ぶかもしれません。

しかし「神」と呼んだ場合、宗教色が濃くなることと、「神」のイメージ(定義)が人それぞれ違うので、誤解を生む可能性があります。

このサイトでは、この宇宙や森羅万象を創った存在を基本的に「創造主」と呼ぶことにいたします。

なお、このサイトは地球上のいかなる宗教とも一切関係がないことを、明記させていただきます。

スポンサーリンク