働くの目的はなんですか?人は何のために働くのか 16

人は何のために働くのか目的はなんですか?

スポンサーリンク

あなたの仕事の目的は何ですか?
何のために働いているのか?

何のために働いているのですか?

このような質問をした人はいないと思います。しかし、自分自身に質問をしたことがあるかもしれません。

そして、その答えは人によって様々ですが、多くの人は「生きるため」「家族を養うため」「欲しいものを買うため」「社会の一員として働くため」などと考えます。

スポンサーリンク

これらの答えを聞くと、最終的には「お金を稼ぐため」という答えが返ってきます。これは確かにそうです。働いてお金を稼ぎ、食べ物を買わなければ生きていけません。

しかし、人間が働く目的、理由は別にあります。むしろ、本質的な理由があります。その理由とは、「人の役に立つため」です。

人間が働いて「お金を得て、物を買う」というのは、物質的な目的です。もう一つの理由である「人の役に立つため」は精神的な目的です。

スポンサーリンク

人が働くことの本質的な理由は、”人を助けるために働く “ということです。

なぜ本質的なのかは、”どうすればお金を稼げるのか “を考えればわかります。

どうすれば “お金を稼ぐ “ことができるのか?その答えは、人の役に立つことをすることです。

原因と結果の法則」から、「人の役に立つことをする」という原因を作れば、「お金を得る」という結果が得られます。

スポンサーリンク

もちろん、家を建てるときなど、後からお金が出てくる場合もあります。しかし、この場合、最初の売買契約は “家を建てるけど、お金は後で払う “というものです。

最初に “人の役に立つことをすれば”、”お金 “は後からついてくるのです。

ちょっとわかりにくい話をしましたが、理解できましたか?

成功者と言われる人は、物事の本質を理解している
今お話したことは、世の中のいわゆる「成功者」と呼ばれる人たちはみんな理解しています。

スポンサーリンク

どうやってお金を稼げばいいのか」と聞かれたら、”人の役に立つこと “をすればお金を稼げる。単純なようで、一般の人はこの本質を理解していません。

特にサラリーマンはほとんど理解していないと言えます。なぜかというと、雇われている側は、できるだけ楽に仕事をこなそうとするからです。

そのため、サラリーマンは「働いてちゃんと給料をもらえればそれでいい」としか考えていません。

スポンサーリンク

人の役に立つために仕事をしている」と思っている人は少ないのではないでしょうか?

この本質を理解していないと、お金は稼げません。

特に成績の悪い営業マンは、このことを理解している人が少ないように思います。理解していないから、具体的な行動がとれず、結果が出ないのです。

スポンサーリンク

人はあまり意識していませんが、すべての仕事は “人助け “です。

逆に言えば、人の役に立たないものは仕事ではないということです。もちろん、お金ももらえません。

お金をたくさん稼ぎたいなら、まずは “人の役に立つ “仕事をするべきだと思います。

スポンサーリンク

そして、”人の役に立つ “働き方を具体的に考えること。頭に汗をかいて、どうすれば人の役に立てるかを必死に考える。

具体的には、「人助け」とは、「人を喜ばせること」「人を楽しませること」「人に感謝すること」などです。もちろん、実際に行動に移すためには、もっと具体的に考えなければなりません。

多くの人を喜ばせ、多くの人を楽しませ、多くの人に感謝される「多くの人のお助けマン」になることができれば、大金持ちになれるのではないでしょうか。



スポンサーリンク

スポンサーリンク