マッチングサイトでの初デートの誘い方

マッチングサイトでの初デートの誘い方

スポンサーリンク



昨今マッチングサイトを利用して出会いを探す人は増えています。
50代で出会いを探しているという方も多いでしょう。
マッチングサイトではある程度やり取りをして終わりというわけではありません。
やり取りをして実際に会うところまでいって、ようやくスタートラインなのです。
つまり、初デートが重要というわけですね。
では、その初デートはどのように誘えばいいのでしょうか?
ここではマッチングサイトでの初デートの誘い方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

・理想的な初デートの誘い方とは?

ではさっそくなのですが、理想的な初デートの誘い方とはどのようなものなのでしょうか?
ポイントとなってくるのは、相手の趣味嗜好を初デートに反映させるという部分です。
というのも、マッチングサイトでは初デートに誘うまでに結構なやり取りをしますよね。
その中では「好きな食べ物は何ですか?」「趣味は何ですか?」といったお互いの趣味嗜好を探るようなやり取りもあるでしょう。
もちろん、マッチングサイトに掲載されているプロフィール情報などからもある程度把握することはできるかと思います。

スポンサーリンク

こういった相手の趣味嗜好に響くような形で初デートを提案しなければいけません。
例えば、相手が体のことを考えてオーガニックの食材にこだわっているという場合には「オーガニック食材を使ったレストランを見つけたんですけどどうですか?」といった形で初デートに誘えば、相手もOKしてくれやすくなります。
また、相手が趣味でゴルフをしているということであれば、シミュレーションゴルフカフェなどに誘うといいでしょう。
このように相手の趣味嗜好を考慮した初デートの誘いであれば相手もOKしやすくなるだけではなく、「ああ、ちゃんと自分のことを考えてくれているんだ」「自分に興味を持ってくれているんだ」と思えます。
マッチングサイトのように不特定多数の相手にアプローチができるような場においては、「誰でもいいわけではなく自分のことをきちんと見てくれている」という特別感が大きな影響を及ぼすのです。
相手のことを尊重してくれる真っ当な人物ということで、相手からの印象もよくなるはずですよ。

スポンサーリンク

・NGな初デートの誘い方とは?

一方で、NGな初デートの誘い方というものもきちんと理解しておきましょう。
先でもお話しましたように、相手の趣味嗜好を反映した初デートの提案というのが理想なのですが中には相手の趣味嗜好を考えないまま初デートに誘うという方もいます。
例えば、大人であればお酒を飲みかわすということもありますよね。
ただ、大人だからといって誰でもお酒が飲めるというわけではありません。
事情があって飲まないようにしている方もいますし、アレルギーなどの関係でお酒が飲めないという方もいます。

スポンサーリンク

それなのにも関わらず、自分がお酒を飲めるからといって相手もお酒が飲めることを前提に初デートの話を進めるのは気遣いがありませんよね。
そういった気遣いのなさというのは、悪い方向に響いてきます。
特に大人でも40代50代という年齢であれば、「その年でその気遣いのなさなのか」と幻滅されてしまう可能性があります。
自分ひとりで出かけるのではなく、相手と一緒に時間を過ごすのです。
そう考えれば、相手も楽しめるような初デートでなければ意味がありません。
そもそも初デートでいきなり「お酒を飲みに行こう」という誘い方もいかがなものかと思います。
お酒による勢いというものは確実にあるわけですし、初デートでお酒となってくるとよほどお酒に強い方でない限りは警戒してしまうものです。
また、初デートでいきなり夜に会おうとするのもNGです。

スポンサーリンク

お互いの仕事の都合などで夜に会うのであれば問題はないでしょうが、明るい時間帯に合っても問題はないのにあえて夜を選ぶとなってくると相手も勘繰ってしまうでしょう。
マッチングサイトでやり取りをしてようやくの初デートということであればお互いに緊張もするでしょうし、どこかで警戒をしている部分もあります。
そういった中でも少しでも楽しんでもらえるように、変に警戒させて疲れさせてしまわないように、初デートを考えていかなければいけないのです。
相手の趣味嗜好も考えずに相手を置いてけぼりにしてしまうような独りよがりな初デートの提案というのは、絶対にNGです。
貴重な出会いを台無しにしてしまう可能性もありますので、本当に注意しておきましょう。



スポンサーリンク



スポンサーリンク