05.アドラー他人と自分を比較しないことが大切なのです 

05.ハドラー他人と自分を比較しないことが大切なのです

人は、それぞれ異なる人生を歩んでいます。
まったく同じ条件で生きている人など、どこにもいません。
だから、誰と比較することもできないし、比較すること自体が無意味 なのです。
「それぞれの人が、それぞれの人生を歩んでいる」 、ただ、それだけのことなのです。

スポンサーリンク

しかし、私たちは多くの人が 「他人」 と比較して、劣等感に悩まされます。
アドラーは、それを不健全なものと、述べているのです。
ここで言いたいのはもともと比較できないので、解決方法さえ見つかりません。
だから愚かな者は不幸を味わうために、あえて悩みを増やしているようなものです。

スポンサーリンク

「他人」 と 「自分」 を比較すると、神経をいたずらに消耗 させるだけなのです。
他人は世の中に無数に存在するため、終わりなき消耗戦から、抜け出せなくなるというわけです。
その結果はどうでしょうか?それが原因で、精神的に疲れ、自分自身の成長や、重要課題への挑戦を、あきらめてしまう人もいます。
結果的に、成果の乏しい、無気力な人生を送ることになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

だから、 「他人と自分との比較」 を今すぐにやめる ことです。
しかし、人間とは、何かと比較しなければ、成長 (成熟) する気になれないものです。
成長 (成熟) が止まると、やがて人生がつまらなくなります。
仕事に対しても、情熱や向上心が持てなくなります。

スポンサーリンク

それでは 「今の自分」 を、何と比較すればよいのでしょうか。ここが肝になります。
それは 「理想 (目標) の自分」 を目指すことです。
アドラーは 「理想 (目標) の自分」 と、 「実際の自分」 との、比較から生まれる劣等感は、健全なもの と述べています。
この健全な劣等感を、努力によって克服していけば、そこに成長 (成熟) を、実現させることができるのです。

スポンサーリンク

「理想 (目標) の自分」 は、必ず自分自身で考え抜く ことです。
もし 「他人の願望」 を、優先させてしまうと、再び 「他人との比較」 の道に、逆戻りしてしまうからです。
人生のうち、ごく一部のことを除けば、大半はどうでもよいことなのです。
どうでもよいことは、周囲に合わせておけば、無用な摩擦も減り、つまらない時間も、節約できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク