61.アドラー心理学・「今できること」 を、実行する 

61.アドラー心理学・「今できること」 を、実行する

「今、考えるべき」 ことは、過去でも、未来でもなく、 「今のこと」 でした。
それでは、 「今、やるべき」 ことは、何でしょうか。
この本には、次のように書かれています。
今できることを、真剣かつ丁寧にやっていくこと。

スポンサーリンク

分解すると、 「①今できること」 を 「②真剣かつ丁寧」 に 「③やっていく」 こと。
自分を成長させながら、人生を成功に導くために、これは 「基本中の基本」 と言えます。
まずは、 「①今できること」。
ここで間違えると、人生を大幅に浪費します。

スポンサーリンク

たとえば、この本に書かれている、大学進学を希望する人。
進路について、悩み続けたとしても、何一つ、前進することなどできません。
「今できること」 とは、1つでも多くの、問題を解いたり、単語を覚えること ではないでしょうか。
その結果、学力が高まれば、選択肢も増え、また、違った可能性も、見えてくるはずです。

スポンサーリンク

次の 「②真剣かつ丁寧」 は、当たり前のこと。
そして、最後の 「③やっていく」。
これは、 考えるだけではなく、必ず行動に結びつけること を、意味します。
さらに、向上を目指し、改善を加えながら、それを、継続していくべきでしょう。

スポンサーリンク

「①今できること」 を 「③やっていく」 ことが、できない人について、さらに、続けると・・・
この中には、前述の受験生のように、 「今できないこと」 に、悩んでいる人も、少なくありません。
ところが、 人間社会は行動しなければ、成果があがらない仕組み になっています。
悩むのは自由ですが、悩むだけでは成果があがらず、ますます、自分を追いつめるかもしれません。

スポンサーリンク

だから、まずは、 「①今できること」 を 「③やっていく」 を、日々、欠かさないこと。
そうすれば、毎日、必ず、成果があがるため、精神的に、よい状態を、つくり出すことができます。
人生にとって、大切なのは、過去でも、未来でもなく、今でした。
今の精神状態をよくすれば、よいアイデアや決断に、恵まれるばかりか、さらに、健康にもよい そうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク