62.アドラー人生は 「今の精神状態」 で決まると教えています  

62.アドラーは人生は 「今の精神状態」 で決まると教えています

自分が生きられるのは、過去でも、未来でもなく、 「今この瞬間」 だけです。
だから、 「今」 の自分の状態によって、すべての可能性が決まってしまう、 と言っても、過言ではありません。
それでは、今の自分の 「何」 を、重視すべきなのでしょうか。
ここが問題です。

スポンサーリンク

財産や学歴、友人数や人脈などで、決まると、考える人も、いるかもしれません。
しかし、お金持ちから転落、友人が大勢いるのに、孤独感に悩む人も少なくありません。
本当の原因は、精神状態にある、のではないでしょうか。
なぜなら、 他のことで満たされても、最終的には、自分の精神状態がどうあるかで、幸福感は決まってしまう ものだからです。

スポンサーリンク

このような考え方をしていると、財産や学歴、友人数や人脈などは、幸福感を高めるための、道具に過ぎません。
しかし、何かに頼りすぎると、主従関係が逆転するものです。
やがて道具が主人になり、財産や人づきあいにこきつかわれ、自分自身は、人生を楽しめなくなります。
さらに、依存状態がひどくなると、やめることに対して、大きな不安を抱くものかもしれません。

スポンサーリンク

道具に頼らず、自分で精神状態を充実させられると、人生がうまく展開し始めます。
ただし、この精神状態の高め方にも、コツがあるようです。
私は、アドラーの 「幸福とは、貢献感である」 という言葉を、支持します。
なぜなら、貢献すべき対象は、世の中に無尽蔵にあふれているため、一生、困らないからです。

スポンサーリンク

実は、この貢献の仕方にも、コツがあります。
それは、できる限り、広い世界への貢献を、目指すことです。
ごく身近な人や、利害関係のある人に対する貢献だけでは、 「他者貢献」 と 「他者承認欲求」 の違いが、はっきりしない からです。
だから、人生の最終目標は、 「自己実現によって、社会貢献を、実現させること」 と、明確に、考えるようになりました。

スポンサーリンク

「社会貢献」 と言っても、特別なことをする必要などありません。
利害関係のない人、見知らぬ人に、道を教えても、立派な社会貢献の1つ になる、のではないでしょうか。
ここで重要なことは、今できることを、やっていくこと。
ここでは、 「真剣かつ丁寧」 である必要はなく、小さな社会貢献でよいから、見返りを期待せず、日常的に積み重ねましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク