40.アドラーの 変えられるもの ・ 変えられないもの!

40.アドラーの 変えられるもの ・ 変えられないもの!

日本には、 「努力が大切」 と、考える人が、大勢います。
しかし、人生には、 「努力」 とは、比較にならないくらい、大切なことがあります。
それは、 「何を努力するのか」 の、 「何を」 の見極め です。
もし、懸命に、努力したとしても、それが、不幸をまねくようなことであれば、やがて、不幸になってしまうからです。

スポンサーリンク

前回、 「自己受容」 の説明で、次のような話がありました。
60点の自分を、そのまま受け入れ、100点に近づくためには、どうすればよいのかを考える。
このために、何でもかんでも努力すればいい、という訳ではありません。
何らかの、見極めが、必要になります。

スポンサーリンク

この本には、 自分の努力で 「変えられるもの」 と、 「変えられないもの」 を、見極めなさい と、書かれています。
私の経験から見ても、 「変えられるもの」 に、努力を集中させると、人生が、飛躍的に向上します。
逆に 「変えられないもの」 を、変えようとしても、不毛な結果に終わるのではないでしょうか。
つまり、努力の方向性を見極めるとき、 「変えられるものかどうか」 は、非常に有効な視点の1つになります。

スポンサーリンク

まずは、 自分では 「変えられないもの」 を特定して、心の中から、追い出しましょう。
① 「課題の分離」 によって、他人の課題を切り捨てる
② 「自己受容」 によって、偽りの自分と訣別し、偽りの目標を、却下する
③ 「原因論」 をやめて、「目的論」によって、過去、容姿、学歴などに、囚われないようにする。

スポンサーリンク

それでは、 私たちが努力すべき目標、つまり 「変えられるもの」 とは、一体、何でしょうか。
① 「課題の分離」 を進めると、自分が取り組むべき、課題が見えてきます。
② 「自己受容」 を進めると、本当の自分に合った目標が、明らかになります。
③ アドラー心理学をマスターすると、最終目標は 「自己実現」 と 「社会貢献」 になります。

スポンサーリンク

「変えられないもの」 に、囚われなくなると、人生は軽く、快適なもの になります。
さらに、年齢が進むと、時間的、体力的、環境的に、変えられないものが増えるため、ますます、すっきりします。
人間は、多欲な人ほど、重たい人生を、歩まなければいけません。
反対に、不毛な荷物を見極めて、潔く捨てると、気持ちが軽くなって、自由に生きているという、実感が湧いてきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク