完璧主義者が実際に欠けている部分とは何か 82

「完璧主義」の人が気づかない、大きな欠落

スポンサーリンク

例えば、伝統芸能の場合、過去に形が完成していますから、そこには「完璧」があるはずです。
しかし、落語や歌舞伎のような分野でも、常に「新しい要素」を取り入れています。

また、”酢 “や “納豆”、”酒 “などの伝統的な食べ物やお酒は、より食べやすく、飲みやすくなっています。

時代とともに状況が変化するからこそ、常に変化に対応していく必要があるのです。

スポンサーリンク

パーフェクトとは、「最終形」という意味です。

しかし、現実には完璧な人や完璧なものは存在しません。

したがって、「完璧」とはその人の「限界」を意味し、「もうこれ以上は伸びません」という宣言とも受け取れます。

また、神でもないのに勝手に「最終形態」を決めてしまうのはいかがなものか。

私は「完璧主義者」に会うと、がっかりしたり失望したりすることが多かったです。

逆に、感動したこともありません。

スポンサーリンク

たとえ高い地位にいたとしても、すでに成長が止まっている可能性が高いです。

逆に、一生懸命成長しようとしている人には、学ぶべきことがあるというのが現状です。

82完璧主義者は完璧主義者なので、実際に欠けている主な部分は

物事の優先順位を決めるのに必要な①「判断力」→区別のつかない重要性

2)物事を広く多面的に見るために必要な「視野の広さ」 → 視野の狭さ

未知の世界の存在を受け入れたり想像したりするために必要な「柔軟性」 → 「井の中の蛙」状態

不変のもの、変化するものの存在を確認するために必要な「世界観」 → 変化を嫌う

自分の無知・無能・無力さを自覚するために必要な「謙虚な心」 → 内面的な傲慢さ

このように「世の中には完璧なものがある」という誤った前提が、「自分は完璧だ」という大きな誤解を生んでしまうのです。

スポンサーリンク

すでに「完璧」な人は、成長する必要がないので、その後は現状維持に徹することになります。

そうすると、チャレンジ精神がなく、ただの自己満足に終わってしまう人が生まれてしまうかもしれません。

繰り返しになりますが、”世の中に完璧な人、完璧なものは存在しません。”



スポンサーリンク