13.アドラー手持ちのカードで 「勝てるゲーム」 を選択と教えます

13.アドラー手持ちのカードで 「勝てるゲーム」 を選択と教えます

5人でトランプをするとしましょう。
ただし、今回は、特別なルールが2つあります。
1つ目として、最下位になると、大変な罰ゲームをさせられます。
2つ目として、カードが配られた後、3つのゲーム ( 「ポーカー」 「ババ抜き」 「7並べ」 ) の中から、好きなものを選べます。

スポンサーリンク

たとえば、配られたカードが、すべてエース (1) と、キング (13) だったとします。
もし、 「7並べ」 を選ぶとしたら、それは最初から負けを望んでいることになります。
「ポーカー」 を選ぶか、 「ババ抜き」 を選ぶかは、さらに内容を吟味してから、決定すべきでしょう。
ただし、何れを選んだとしても、最下位だけは免れるにちがいありません。

スポンサーリンク

実は、人生も、このトランプゲームに似ています。
「どんな家庭に育ったのか」 「どんな容姿に生まれたのか」 「どんな学校を出たのか」 など。
これらの問題は、配られたカードと同じように、もう、変えることができません。
だから、反省すべき点はあるかもしれませんが、悩むのは、まったくの無駄と言えます。

スポンサーリンク

それよりも、手持ちのカードを使って、どんなゲームを選ぶのか を考えるべきです。
アドラーは、これを 「使用の心理学」 と呼びました。
一方、フロイトの原因論によれば、配られたカードによって、結果が決まってしまいます。
だから、 「所有の心理学」 と呼ぶそうです。

スポンサーリンク

まずは 「自分が持つカードは何か」 を、知ろうとすること。
ただし、性格検査や適性検査のような、万人向けのものを受けても、決して見つからないと思います。
頭の中だけで理屈が先行すると、自分探しの旅は失敗に終わる でしょう。
だから、経験を重ねながら進め、その中から、大きな公約数を見つけ出せば、それが 「自分の持つカード」 になります。

スポンサーリンク

次に 「自分が持つカードの生かし方」 を考えてみましょう。
もし、 「年輩の男性客向け」 のキャラクターを備えているなら、できる限り 「年輩の男性」 が顧客の仕事を選ぶべきです。
仕事を変えられない場合は、現状での生かし方 を考えてみましょう。
もし、研究者タイプの人が営業職に就いたら、顧客に役立つデータなどで勝負されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク