44.アドラーの自分で勝手に決めてよいこととは?!   

44.アドラーの自分で勝手に決めてよいこととは?!

この本について、ネット上のレビューを読むと、否定的なものも、ごく少数、寄せられています。
内容は、 「アドラー心理学は正しくない」 。
生き方や、考え方は、各人が決めればよいことです。
だから、 一般論として 「正しいかどうか」 について、問うべきではない、と考えています。

スポンサーリンク

私自身も、正直、これが、万人にとって 「正しい」 ものかどうか、わかりません。
しかし、個人的には、 「採り入れるかどうか」 を、判断すべき でしょう。
それでは、どのような手順によって、判断すればよいのでしょうか。
私は、以下の方法によります。

スポンサーリンク

まずは、目的論に沿って、目的を決めます。
もし、その目的が、 「人生を幸福に導くため」 だとすると ・・・
「人生を幸福に導くため」 には、 「どのような考え方を選ぶべきか」 という基準が生まれます。
その基準に従って、たとえば、アドラー心理学を実践するかどうかを、決めればよい のです。

スポンサーリンク

「自分が、何歳まで生きられるかどうか」 も、重要ながら、わからない問題です。
そこで、まずは、目的論に沿って、目的を決めます。
もし、その目的が、 「今を充実させること」 だとしたら、基準は、 「今を充実させるためには、何歳まで生きられると仮定すべきか」 になります。
その基準に従って、 「自分は何歳まで生きられるか」 を、勝手に決めればよい のです。

スポンサーリンク

40歳くらいまでは、人生のゴールが見えませんので、ついつい、時間を浪費してしまいます。
ここで、 「今日が人生最後の日」 と仮定すれば、 「今日一日だけは精一杯、生きよう」 と、気持ちを奮い立たせることができます。
反対に、50代に入ると、人生のゴールが、はるか遠くに、見えてきます。
そのまま意識すると、生き方が消極的になりますので、逆に 「人生100年」 と仮定して、積極性を維持したい ものです。

スポンサーリンク

この他にも、神様がいるかどうか、来世があるかどうか、死ぬときは苦しいかどうか ・・・ など。
人生には、正解に、たどりつけない問題が、多々あります。
これらについても、目的論に沿って、自分自身で、勝手に決めればよい のです。
もし、神様がいた方が、うまく生きられるなら、 「神様がいる」 と、自分で決めてしまえばよいのです。

の本について、ネット上のレビューを読むと、否定的なものも、ごく少数、寄せられています。
内容は、 「アドラー心理学は正しくない」 。
生き方や、考え方は、各人が決めればよいことです。
だから、 一般論として 「正しいかどうか」 について、問うべきではない、と考えています。

スポンサーリンク