21.アドラー心理学は企業経営に生かせると願っています  

21.アドラー心理学は企業経営に生かすことを願っています

今回は、アドラー心理学を実践する人を 「アドラー的な人」 、そうでない人を 「非アドラー的な人」 と呼んで、話を進めます。
アドラー的な人と、非アドラー的な人では、自らが認識する空間が、異なる と感じています。
この違いが、経営の進め方にも、少なからず影響を与えているのではないでしょうか。
特に重要なのが、 「経営方針の立て方」 だと、考えられます。

スポンサーリンク

アドラー的な人が認識する空間には、まず、宇宙があり、地球があり、社会があります。
その中に、それぞれの人が存在し、それぞれの人生を歩んでいます。
自分はその中の一員として、宇宙なり、地球なり、社会のために貢献することが、最終目標の1つになります。
その結果、自分は 「社会とダイレクトにつながっている」 という意識を持っているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

一方、非アドラー的な人が認識する空間には、自分と周囲の人の存在が、大きな位置を占めています。
そこで、自分と周囲の人との関係に、意識が集中します。
社会は、周囲の人の延長上 (外側) にあると想像しますが、実際の社会は、周囲の人や自分とは関係なく存在しています。
つまり、 「社会のことが、ほとんど見えていない」 のではないでしょうか。

スポンサーリンク

企業にとって、 「何を売るか」 「どんなサービスを提供するか」 「いかなる人材を確保するか」 。
これらは、企業の命運をにぎる、非常に重要な問題です。
アドラー的な人は、社会をダイレクトに意識しますので、まずは社会のルールや動向を読んで、方針を決定しようとします。
社会は大きな市場ですから、 社会の需要に従うことが、社会貢献につながり、結果として、成功の確率が高まる と考えるからです。

スポンサーリンク

一方、非アドラー的な人は、周囲の人を見て、判断する傾向が見られます。
同業者、従業員、家族、友人、知人などに認められることを、重要視しますが、これは明らかに間違いです。
また、自分の願望や思いつきで動く傾向もありますが、これも間違いです。
何れにしても、 大きな市場である社会が見えていない、見ようともしないので、成功は偶然に頼る以外ありません。

スポンサーリンク

非アドラー的な人が仕事を始めると、親族や友人、知人をあてにします。
それが原因で、一定期間を過ぎると、客足が途絶え、業績が低迷します。
ビジネスで関わる顧客、従業員、取引先の大半は、見ず知らずの人たちです。
だから、 「まったく関係のない人たち (社会) を相手に、どうすべきなのか」 の観点から、構築すべき ではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク