28.アドラー心理学を企業経営に生かす (人の成長) 

28.アドラー心理学を企業経営に生かす (人の成長)

「企業の成長」 には、 「人の成長」 が、欠かせません。
なぜなら、 いくら素晴らしい戦略やシステムを導入しても、それを実践するのが人だから です。
逆に、 「人の成長」 さえ、うまくいけば、経営者が悩まなくても、企業は勝手に成長するものです。
だから、企業にとって、 「人の成長」 は、大きな課題です。

スポンサーリンク

私は、資格業のため、仕事をすべて従業員任せにすることが、法律上、禁じられています。
おかげで、本業の仕事を数多く抱えており、経営に専念することができません。
従業員に対しても、仕事面では交流を密にしますが、 「個人的な成長」 は、本人任せにしています。
従いまして、 「自主的に成長する人」 しか、雇わない ことにしています。

スポンサーリンク

これまで、多くの人と、仕事を通じて関わりましたが、 成長には個人差 があるようです。
中には、学生時代まで優秀でしたが、20代前半で成長が止まったような人もいます。
また、反対に、学校の成績にかかわらず、60歳を過ぎても、めざましい成長を続ける人もいます。
この違いは、一体、どこから生まれるものでしょうか。

スポンサーリンク

それは、成長のために必要な 「勉強」 に対する認識が、異なるからではないでしょうか。
学生時代の 「受験勉強」 と、社会人以後の 「仕事のためにする勉強」 の違いは ・・・
「受験勉強」 は、① 実際には役立たない ② 周囲から押し付けられる ③ テーマは目の前にある
「仕事のためにする勉強」 は、① 実際に役立つ ② 自主的に取り組む ③ テーマは自分で見つける

スポンサーリンク

就職直後までは、周囲から押し付けられるため、誰もが、とりあえず勉強をします。
ところが、その後は、成長を目指して、自主的に取り組まないと、勉強をしなくなるものです。
成長を続けるためには、2つの勉強の違いを、はっきりと認識しておく必要があります。
「他人から押し付けられる」 「役立たない」 勉強から、「自主的に」 「役立つ」 勉強へ 、変わらなければいけません。

スポンサーリンク

2つの勉強の違いが、理解できないと、社会人になった後も、必要のない分野の勉強をするケースがあります。
学生なら誉められますが、社会人としては 「趣味」 、つまり楽しんでいるのと同じ、と見なされます。
アドラー心理学には、人が自主的に成長するために、欠かせない考え方が、体系的に確立 されています。
これまでご紹介した 「目的論」 「嫌われる勇気」 「課題の分離」 は、何れも、役立つのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク