18.アドラーは 「子供を信じる勇気」 を親に問いかけてます

18.アドラーは 「子供を信じる勇気」 を親に問いかけてます

「課題の分離」 を、実現させるにあたり、最も難しいのが、親子関係ではないでしょうか。
世の中には、 「あなたのため」 という言葉を、ひんぱんに使う親も少なくありません。
しかし、本当は、 「あなたのため」 ではなく 「わたしのため」 なのです。
その欺瞞 (ぎまん ・・・ 嘘という意味) を察知するから、子供は反発すると、この本には書かれています。

スポンサーリンク

「課題の分離」 とは、放置するのではなく、相手の行動を知った上で、見守ることなのです。
たとえば、勉強は本人の課題なので、 「勉強したくなったら、援助する」 と伝えておけばよいのだそうです。
他人から強制された行動は、ほとんど身に付かない ものであることは誰もが知っています。
あくまで、自主性を重んじるということでしょう。

スポンサーリンク

「課題の分離」 を実現させるためには、相手を信じる 必要があります。
もし、相手を信じることができなければ、 「課題の分離」 を実行することができません。
たとえば、子供を信じていれば、子供の課題を切り離して、黙って見守ることができます。
反対に、もし、子供の課題にまで口出しをするとすれば、それは、子供を信じていない証拠になるのです。

スポンサーリンク

親の干渉に対して、子供が反発するのは、わがままとは限りません。
自分を信じてくれない、親に対する怒り の表れかもしれません。
あるいは、成長したいという意欲の妨げに対する、怒りの表れかもしれません。
何れにしても、親の干渉に対して反発する子供は、むしろ健全と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

反対に、 親の干渉を受け入れ続ける子供の方が、はるかに心配 なりません。
子供は、いつまでも親の保護下にある訳ではありませんので。
当たり前のことですが、親が亡くなった後も、自分の力で生きていかなければなりません。
親とは異なる能力を持ち、異なる時代、環境を生き抜かなければならないのに、親と同じ考え方では通用しないのです。

スポンサーリンク

人生経験豊かな親から見て、子供が未熟なのは明らかです。
子供の課題に口出ししてしまうのは、親として当然かもしれません。
しかし、そこで、子供を信じて 「課題の分離」 を、実行しなければ、子供はいつまで経っても自立できません。
そこに、 必要なのは、 「子供を信じる勇気」 ではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク