マッチングサイトでのNGアプローチ

マッチングサイトでのNGアプローチ

スポンサーリンク

今やマッチングサイトというのは、大人にとっての貴重な出会いの場となっていますし、出会いのツールにもなっています。
SNSのような感覚で手軽に使えるものも多いのですが、会うまでのアプローチというのはとても大切です。
特に、メールでのやり取りは実際に会えるか会えないかを大きく左右してきます。
そこで今回は、マッチングサイトでのNGアプローチについて詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

・相手からの返信がまだなのに何度もメールを送る

大人になっても、相手からの返信がないと不安になるものですよね。
特に、出会いを求めてマッチングサイトを利用している方であれば、余計に不安になってしまう部分もあるかと思います。
ただ、だからといって相手からの返信がまだなのに何度もこちらからメールを送るというのはNGです。
相手もプレッシャーを感じてしまいますし、「束縛の激しい人なのかも」「自己中心的な人なのかも」「非常識な人なのかも」と思われてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

・1,2日返信がなかっただけで返信を催促してしまう

時間があって、いつでもマッチングサイトを利用できる方であればすぐに返信が来て当たり前と思っている部分もあるかもしれません。
ただ、マッチングサイトをどのように使っているのかは人によります。
それこそ週末だけチェックするという方もいるでしょう。
1日2日くらい返信がないのはよくあることです。
それなのにも関わらず、相手の都合を考えずに返信を催促してしまうのはNGです。
相手も今まさに返信しようと思っていたかもしれないのに、その気が失せてしまう可能性があります。
返信の催促で愛想を尽かされてしまうこともありますので、注意しておきましょう。

スポンサーリンク

・一方的な質問攻め

気になる相手だからこそ、相手のことをもっと知りたいという気持ちも出てくるかと思います。
そういった中で、無意識のうちに相手へ質問攻めをしてしまっているという方も少なくありません。
1通のメールの中で質問が何個もあったり、返信が来るたびにその返信に質問が含まれていたりすると相手はまるで尋問されているような感覚になってしまいます。
基本的に雑談を楽しみながら相手を知っていきたいという方が多いため、質問ばかりになるとメールのやり取りも純粋に楽しめなくなってしまいます。
あまりにも質問が続くと相手も「また?」とうんざりしてしまいますし、そのうち返信してくれなくなる可能性もあります。

スポンサーリンク

・自分の話ばかりしてしまう

インターネット上で「自分語り」について検索してみると、それとセットで「うざい」というキーワードがかなり上位に出てくるかと思います。
要は、一般的に自分語りはうざいものと認識されているわけですね。
マッチングサイトでのメールでもやはり自分語りというのは敬遠されます。
もちろん、ある程度の年齢を重ねた大人だからこそこれまでの自分の人生について語りたいし、それを通して自分のことを知ってほしいという気持ちもあるのでしょう。
ただ、それは相手が質問してきたときに答えればいいのであって、自分のほうから聞かれてもいないことをあれこれベラベラと話す必要はないのです。

スポンサーリンク

・誤字脱字が多い

メールでのやり取りの中で、誤字脱字というのはよくあるものです。
それがたまにならお互い様なのですが、あまりにも多いと相手も微妙な気持ちになってしまいます。
「ものすごく雑な性格なのではないか」「適当にメールの返信をしているのではないか」といろいろと疑問も出てくるでしょう。
相手に送るメールなのですから、誤字脱字がないかどうかチェックするのは一種のマナーです。
ビジネスシーンほどの緊張感を持つ必要はないでしょうが、相手に失礼のないようなメールを送るようにしたいところです。

スポンサーリンク

・たいして内容のない短文メールばかり送る

今主流になっているLINEなどのツールでは、短文で送るというのが当たり前の部分もあります。
ただ、メールというのはLINEとは違って、ある程度の文章量で送るのに適したツールです。
そのメールで「おはよう」だけのメールや「今日はいいお天気ですね」「今からランチに行ってきます」などの一文だけのメールを送ってしまうと、相手に違和感を与えてしまいます。
極端な言い方をすると、相手は怪文書を受け取ったかのような感覚になってしまうわけです。
それに短文だけを送りつける方というのは、「だから何?」と言いたくなるような内容を送ってくることが多いものです。
相手を困らせる行為ですので、これもNG行為として認識していきましょう。

スポンサーリンク

・言葉遣いが悪い

メールでの言葉遣いが悪いというのも、NGです。
汚い言葉で誰かを悪く言ったりするのはもちろん、「~じゃね」「~っすね」といった言葉遣いも絶対にやめておきましょう。
ある程度の年齢になった大人の言葉遣いに問題があると、それだけで人が離れていきます。
ビジネスシーンのようなお堅い言葉遣いになる必要はありませんが、基本的に誰が相手でも丁寧な言葉遣いで、仲良くなってきてから少しフランクな言葉にするといった形が無難です。

スポンサーリンク

・文章がわかりにくい

マッチングサイトでのメールで文章がわかりにくいというのもNGです。
もともと文章を書くのが苦手という方もいるでしょうが、主語と述語がめちゃくちゃくになっていたり文章としてきちんと成り立っていなかったりすると、その文章を読んだときに生理的な嫌悪感を抱くというケースも少なくありません。
そこに一切の悪意がなくとも「この人、本当に大丈夫な人なの?」と相手は不安になってしまうでしょう。
人から話や文章のわかりにくさを指摘されたことのある方は特に注意しておくべきです。

スポンサーリンク

・時間を考えない

まだ起きる時間ではないのに早朝のメールで起こされてしまった、ウトウトしてきたタイミングでメールが来て目が冴えてしまった……こういった経験のある方は多いでしょう。
相手に悪意がなくとも、やはりイラっとしてしまうかと思います。
このように時間を考えないメールによって、相手から距離を置かれてしまうというケースも少なくありません。
もちろん、自分自身が夜勤で昼夜逆転の生活をしているということもあるかもしれませんが、それでも相手がどのようなサイクルで生活をしているのかを考えるべきです。
一般的に人が寝ているであろう時間帯のメールはやめておきましょう。

スポンサーリンク

・自分のことよりも相手のことを考えたメールを

マッチングサイトでの出会いを大切にしたいのであれば、大人として相手のことを考えたメールを送るようにしましょう。
これまで挙げてきたNGアプローチというのは、すべて自分本位のものです。
メールを送る時間帯、メールのペース、メールの文面……すべてにおいて相手のことを最優先で考えれば、相手から持ってもらえる印象もぐっとよくなってくるはずですよ。
メールでせっかくの出会いを遠ざけないように注意しておきましょう。



スポンサーリンク

スポンサーリンク