47.アドラーの「みんな」 「いつも」 「すべて」 に注意する 

47.「みんな」 「いつも」 「すべて」 に注意する

この本の中で紹介されている、ユダヤの教えによれば・・・
「10人中、1人は必ず自分のことを批判する。2人は親友になれる。7人はどちらでもない」 そうです。
このような状況の中で、どの人に注目するのか。
「自分を批判する1人」 「親友になれる2人」 「どちらでもない7人」 、これが、今回のテーマです。

スポンサーリンク

もし、 「自分を批判する1人」 に注目すると、絶望的な気分に陥るかもしれません。
もし、 「親友になれる2人」 に注目すると、ハッピーな気分で過ごせるでしょう。
もし、 「どちらでもない7人」 に注目すると、どんな気分になるのでしょうか。
つまり、 同じ事実を前にしても、何に注目するかによって、気分は天国と地獄ほどの違い、がある ということです。

スポンサーリンク

よくない例として、 「神経症的なライフスタイルを持った人」 が、紹介されています。
このような人たちは、さらに、 「みんな」 「いつも」 「すべて」 といった言葉を、多用します。
具体的には、 「みんなが自分を嫌っている」 「いつも自分だけが損をする」 「すべて間違っている」 など。
物事の一部だけを見て、それを全体と見なすので、アドラーは「調和を欠いた生き方」 と呼んでいます。

スポンサーリンク

これが原因で、物事を 「白」 か 「黒」 の何れかに、決めつける人がいます。
ところが、現実社会には、白もなければ、黒もなく、あるのはグレーのみ。
ただし、限りなく白に近いグレーから、限りなく黒に近いグレーまであり、しかも、時間の経過によって、変化します。
その時々に意識を集中させ、どのようなグレーなのかを、見分けて、適切に対応するのが、知恵の発揮どころ ではないでしょうか。

スポンサーリンク

しかし、人生には、限りがあります。
もし、あらゆることに真剣に取り組んでいると、時間と労力が割かれ、努力の割に報われない人生で終わります。
そこで、 重要性に応じて、対応の仕方を、区別すべき ではないでしょうか。
まず、重要でないことは、 「足して2で割る」 「大勢に従う」 「決めたい人に決めてもらう」 などでよいでしょう。

スポンサーリンク

次に、最大ボリュームである、日常判断については、 「原則」 と 「特例」 に分けて、対応しています。
基本的には 「原則」 を適用し、ワンパターンで対応しますが、変更すべきと判断したら、 「特例」 として、別の対応を考えます。
この方法によれば、少数の例外のみ覚えておけば、後は原則で済むので、もしもの時のために、時間を節約することができます。
最後に、当たり前のことですが、重要事項に関しては、十分な時間をとって、全精力を傾けなければいけません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク