22.アドラーは「見返り」 に縛られてはいけないと説いています

22.アドラーは「見返り」 に縛られてはいけないと説いています

他人に何かをしてもらったら、相手に何かを返さければいけない。
そうしないと、相手の好意を踏みにじることになる。
このような発想は、日本人にとって、ごく当たり前と言えるのではないでしょうか。
ところが、アドラーは、これを 「見返りに縛られた発想なのでよくない」 と、述べています。

スポンサーリンク

「見返り」 については、求めてもいけないし、縛られてもいけない。
まずは、 「見返りを求めること」 について、これは以前、ご紹介した 「賞罰教育」 と同じ理由かもしれません。
つまり、見返りがなければ、よいことをしなくなる。
企業も成果主義を徹底すると、従業員は評価につながることしかしなくなります。

スポンサーリンク

次に 「見返りに縛られること」 について、これは相手によります。
もし、相手が 「見返りを求める」 者なら、十分に注意することです。
「見返りに縛られる」 者を、支配するために、親切顔をして近づいてくる者もいる からです。
さんざん利用されたあげく、お金を奪われ、捨てられた人も、何人か知っています。

スポンサーリンク

反対に、もし、相手が本心から好意でしてくれたことであれば、それは見返りを期待したものではありません。
人は、心の問題に対しては、心で応えるべきです。
ここで、相手に何かを返さなければならないと考えるのは、商取引と同じ発想。
せっかくの相手の好意を、自らの心の貧しさによって、価値を下げてしまうことになります。

スポンサーリンク

それでは、このような好意を受けた場合、自分はどうすればよいのでしょうか。
それは、自分自身が心豊かな人間になること ではないでしょうか。
見返りを求めない人たちは、感謝されたいのではなく、他人も心豊かに生きて欲しいと考えています。
そのためには、まず 「見返りに縛られる」 発想から、抜け出さなくてはいけません。

スポンサーリンク

次に目指すのは、自分もその人と同じように、見返りを期待することなく、誰かに何かをしてあげられるようになることです。
ただし、無理をせず、できる範囲内で、相手の課題に踏み込まず、もし、相手が期待に沿えなくても、決して恨むことなく。
私は、上の世代から受けた恩は、本人に返すことなく、まったく関係のない、下の世代へ返す ことにしています。
そうすることによって、世代間がつながり、社会全体として、連帯感が増すのではないかと考えているからです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク