30.アドラーは「好かれる人」 より 「貢献できる人」 を目指す 

30.アドラーは「好かれる人」 より 「貢献できる人」 を目指す

「誰かと関わっていたい」 という欲求は、人間が持つ本能の1つ、ではないでしょうか。
だから、多くの人が、孤独な状態を避ける ようにしています。
ただし、その方法については、人によって異なるのではないでしょうか。
「アドラー心理学を実践する人」 と、 「その正反対の生き方をする人」 の場合でも、両者は異なる方法を採る、と考えられます。

スポンサーリンク

まずは、アドラー心理学と、正反対の生き方をする人。
「自分とAさん」 「自分とBさん」 、意識の上では、このようにして、人間関係を構築 していきます。
人間関係の中心には、常に自分がいて、自分を出発点に考えるため、他人に求めることが多くなります。
特定の人を仲間と認識し、自分のことを理解してもらうことによって、孤独が解消できる、と考えるのかもしれません。

スポンサーリンク

一方、アドラー心理学を実践する人は、社会という空間があり、その中で、各人がそれぞれの人生を歩んでいる、と感じています。
だから、 「社会の一員である自分」 「社会の一員であるAさん」 「社会の一員であるBさん」 という人間関係 になります。
強く意識するのは、 「Aさんと自分」 「Bさんと自分」 よりも、 「社会と自分」 です。
共同体の一員として、社会に貢献することによって、孤独が解消できる、と考えるのかもしれません。

スポンサーリンク


社会に存在する人すべてを仲間と認識し、誰とでも同じように接しようとします。
ただし、 「課題の分離」 を重視するため、相手の課題への干渉を避けるなど、さっぱりした人間関係を好みます。
以上、非常に簡単ですが、両者には、これらの違いがある、と考えられます。
ところで、 結果的に、 「どちらの人生が、人間関係に恵まれるのか」 について、考えてみましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


私は、29歳のとき、L.インフェルト著 「アインシュタインの世界」 を読みました。
その中で、博士は 「社会には関心があるが、個人的なつながりは、徹底して求めない」 と述べています。
さぞかし孤独な人生を送ったのかと思いきや、そうではなく、まるで正反対の、超多忙な人生でした。
私は、 特定の人に好かれようとする生き方より、広く社会に役立とうとする生き方の方が、多くの人と自由に過ごせる ことを、直感しました。

スポンサーリンク


このような生き方を実践するためには、社会から必要とされる能力を高めなければいけません。
また、一方では、せっかくの人生ですから、楽しむことも、忘れたくないものです。
まずは、 アフター5のつき合いを、99%カット (年間360日 → 3日以内) しましたが、孤独とはまったく無縁 です。
その結果、仕事や勉強、趣味、健康のために、膨大な時間を、確保できるようになりました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク