37.アドラー心理学で自信を持つ方法とは? 

37.アドラー心理学で自信を持つ方法とは?

自信を持ってもらおうと、相手を誉めることがあります。
しかし、アドラーは、人を誉めてはいけない、つまり評価してはいけないと、述べています。
誉めるという行為は、縦の人間関係において、能力がある者が、能力のない者に、下すものです。
だから、 人は誉められる度に、 「自分には能力がない」 と、潜在意識に刷り込んでしまう 恐れがあるからです。

スポンサーリンク

これを避けるためには、 「縦の関係」 ではなく、 「横の関係」 から、相手との接し方を見直す、必要があります。
横の関係であれば、 「感謝」 「尊敬」 「喜び」 といった、気持ちを、言葉で表現すべき です。
具体的には、 「ありがとう」 「うれしい」 「助かったよ」 などでしょうか。
大げさな言い方ではなく、素直に、口にすることです。

スポンサーリンク

人は、他者から 「感謝」 の言葉を受けたとき、 「貢献できる存在」 として、 「自分には価値がある」 と、自覚することができます。
その 「自分には価値がある」 という自覚 (自信) こそが、人生に立ち向かう勇気を生む のです。
× 誉める → 相手は 「能力がない」 と潜在意識に刷り込む → 他人の評価をあてにする
◎ 感謝する → 相手は 「自分に価値がある」 と感じる → 人生に立ち向かう勇気を持つ

スポンサーリンク

人生の中で 、「勇気」 が、必要とされるのは、特に、成人後ではないでしょうか。
未成年期は、敷かれたレールの上を、走ればよいのですが、その後は、自分で、自分の人生を、切り開かなくてはならない からです。
仕事のこと、結婚のこと、子供のこと、健康のこと、親のことなど。
これら、すべてを、自分で決断しなければなりませんので、必ず 「勇気」 が必要になります。

スポンサーリンク

それでは、自分に対して、 「価値がある」 「価値がない」 という思いは、最終的に、何が原因で決まるのでしょうか。
このメカニズムについて、この本には、次のように書かれています。
劣等感とは、主観的な問題であり、他人の評価によるものではないと。
だから、 いくら、他人から高い評価を得ても、 「自分が自分のことをどう思うのか」 で、決まってしまう のです。

スポンサーリンク

世の中には、容姿端麗、成績優秀、名家出身、健康優良、な人たちがいます。
しかし、自己評価が低いと、自分自身に価値を見い出せず、勇気を持つことも、自信を持つこともできません。
このような人たちが、 本来の力を発揮してくれれば、本人や家族だけではなく、社会全体が豊かになります。
そのためには、目指すものを、 「他人の評価」 から、 「社会への貢献」 に、切り替えるべきではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク