77.アドラー心理学の上手に失敗するコツとは   

7.アドラー心理学の上手に失敗するコツとは

新たなことに、挑戦する場合、1回で成功することは、ほとんど期待できません。
もし、早く成功したければ、早く挑戦して、早く失敗を、経験しなければいけません。
しかし、失敗の仕方を間違えると、大きなダメージを受けます。
そこで、ビジネス書を読むなどして、 「上手に失敗するコツ」 の改善に、努めてきました。

スポンサーリンク

下記 ①~③ は、その一部です。
① 小さく始める
② 失敗する目的を、 「撤退すべきかを見極めるため)」 と 「成功するため」 の、2つに区分して、常に記憶の隅にとどめておく
③ 精神的ダメージを受けない

スポンサーリンク

① 「小さく始めること」
新たなことへの挑戦は、失敗する確率が高いものです。
最初から、大きな投資をしたり、甘い夢を見ていると、高い確率で、致命傷を負います。
小さな失敗から、多くを学ぶ、この姿勢が重要です。

スポンサーリンク

② 「失敗の目的を区分する」
読書の場合、目的によって、 「良書に出会うための多読」 と、 「良書に出会った後の精読」 の、2つの読み方があります。
失敗に対しても、2つの目的を区分し、特に 「撤退すべきかを見極めるため」 を、忘れないことです。
また、成功するためには、無意味な失敗 (実験・試み) を避け、毎回、 「今回は、何を確認するのか」 、目的意識をはっきり持つことです。

スポンサーリンク

③ 「精神的ダメージを受けない」
成功するための失敗ですから、失敗して当たり前、後悔したり、悲観すると、時間をロスするので、くよくよしないことです。
また、成長する人は、叱られ上手の人が多いものです。
失敗して、叱られたら、それは 「見込みがある証拠」 と考え、否を認めて、さっさと改めることです。

スポンサーリンク

成功できない人と、成功できる人の差は、能力よりも、考え方の違いによる、と感じています。
成功できない人は、 「自分は、成功するはずがない」 と、自ら可能性を否定し、挑戦を避ける 傾向にあります。
それは、アドラーの指摘する 「自己への執着」 「自己中心性」 が、失敗に対する恐怖感を、大きくしているからかもしれません。
「成功の達人」 は 「失敗の達人」 、だから、上手に失敗するコツを、マスターして、どんどん失敗しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク