02.アドラー自分の人生に責任を負うとはどういうことですか?

02.自分の人生に責任を負うとはどんな意味があるのですか?

アドラーによれば、人は変わることができるそうです。
しかもそれは 「亡くなる2、3日前まで可能」 なのだそうですから驚きます。
それでは、私たちが 「これからの人生」 を、自分自身の力で変えていくためには、どうすればよいのでしょうか。
それにはまずは、 「これまでの人生」 に対して、責任を負う ことです。

スポンサーリンク

はじめに、「今の自分は、何故こうなったのか」 に対して、2つの考え方があるそうです。
心理学者フロイトの 「原因論」 によれば、 「過去の○○が原因で、今の自分はこうなった」 と考えます。
たとえば、部屋に引きこもるようになったのは、過去の失敗が原因でトラウマになった ・・・ などです。
しかし、同じ失敗をしても、トラウマにならない人も大勢います。

スポンサーリンク

一方、アドラーの 「目的論」 によれば、過去の出来事は関係ないそうです。
それは 単なる事実に過ぎず、そこに 「どんな意味づけをしたのかによる」 と考えるからです。
同じ出来事を経験しても、その事実に対して 「よい意味づけ」 をする人もいれば、 「悪い意味づけ」 をする人もいます。
要するにつまり、問題は 「何があったか」 ではなく 「どう解釈したか」なのです 。

スポンサーリンク

さらに、アドラーによると ・・・
その 「意味づけ」 は、本人が何らかの目的を果たすために行ったもの だと言います。
たとえば、「学校や社会に出て、自尊心を傷つけられたくないから、部屋に引きこもる」 という目的が、先に存在しています。
その目的を果たすために、過去の出来事に対して、本人が 「悪い意味づけ」 を、行ったのだというわけです。

スポンサーリンク

だから、まずは、 今の自分に対して、不満があったとしても、過去や他人のせいにしない ことが重要なのです。
「目的論」 に従って、 「自分が選んだ結果」 として、認めなくてはいけないのです。
このようにして、これまでの自分に責任を持てば、人生に対して主体性を取り戻すことができるようになるのです。
自らに主体性を取り戻すことによって、今後の人生を、自分の意思で変えられるようになるというわけです。

スポンサーリンク

かりにもし、他人に騙され、辛い目に遭ったとしても、私は、自業自得だと、考えるようにすることです。
また、辛い目にあっている最中でも、 「つくづく馬鹿だな~」 と、自分の愚かさを、笑ってやるのです。
自分よりも賢明な人、苦労した人であれば、このような失敗など、私は犯さなくて済んだのだらと思うことです。
もし、自分自身を向上させたいなら、まずは自分が原因であることを、さっさと認めてしまう ことから始めてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク