恋愛が冷めるパートナーの心の瞬間を感じたら?その対処方法とは!

恋愛が冷める瞬間 パートナーに冷められたと感じたら?

スポンサーリンク

今の時代、大人になってからの出会いというのはとても貴重なものです。
特に、40代50代での出会いということであれば「この人を逃したくない!」と思ってしまうこともあるでしょう。
ただ、どれだけ気持ちが盛り上がっていたとしても恋愛というのはふとした瞬間に冷めてしまうものです。
ここでは、男女別にパートナーに冷めてしまう瞬間とその対処法について触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

・中高年男性の恋愛が冷める瞬間

まずは、中高年男性の恋愛が冷める瞬間についてです。

【女性からの束縛が激しいとき】
中高年男性の中には、女性からの束縛が激しいときに恋愛が冷めてしまうという方も多いようです。
実際に40代50代という大人であれば、ある程度はお互いを尊重すべきですし、それができて当たり前と考える方は少なくありません。
多少嫉妬してもらえるのは嬉しくとも、束縛が激しくなってくると「年齢と中身が見合っていない」とガッカリしてしまう部分もあるのでしょう。
ある程度の年齢になっているからこそ自由にさせてほしいと考える男性は多いのです。

スポンサーリンク

【女性を感じられなくなったとき】
付き合うまでは髪型やメイク、ファッションにもかなり気合を入れていたのに、付き合うようになった途端、手を抜いてしまうという女性もいます。
男性の中にはこういった女性の変化から女性に女性を感じられなくなり、恋愛が冷めてしまうという方もいます。
男性はいくつになっても女性に対して「女性であること」を求める傾向にありますので、女性を感じられなくなってしまうと気持ちも離れてしまいます。

スポンサーリンク

・中高年女性の恋愛が冷める瞬間

先では中高年男性が恋愛に冷める瞬間についてお話しましたが、次は中高年女性が恋愛に冷める瞬間についてです。
中高年女性に関しては、恋愛が冷めるポイントは他の世代とそう大きく変わらないようです。

【思いやりやマナーが感じられないとき】

中高年女性の場合、相手の男性から思いやりやマナーが感じられないときに恋愛が冷めてしまうというケースが多いようです。
例えば、女性がご飯を作ったときなどに男性が「ありがとう」と言ってくれるのかどうか、飲食店でお店の方に対して横柄な態度を取っていないかといったところですね。

スポンサーリンク

男性にしてみると日常の些細なことのように思えるでしょうが、女性の中ではこういった日常の些細なことが積もりに積もって……というケースが多いのです。
最近では熟年離婚といったものも取りざたされるようになっていますが、日常の些細なことの積み重ねによって熟年離婚に至るということも珍しくありません。
それだけ女性にとって思いやりやマナーというのは大事なことなのです。

スポンサーリンク

【金銭感覚の差を感じたとき】
女性の場合、金銭感覚の差も恋愛が冷めるきっかけになります。
特に、40代50代となってくると老後のことも見据えてという方も多いでしょうし、そういった中で金銭感覚の差を感じるとすっと気持ちも冷めてしまうでしょう。
貯金をしようとしない、あればあるだけ使ってしまう、ギャンブル好きなどは論外と言っても過言ではありません。
もともと女性は男性よりも現実的なところがありますので、仕方がない部分なのかもしれません。

スポンサーリンク

・冷められたと感じた場合には?

では、もしパートナーから冷められたと感じた場合にはどうしたらいいのでしょうか?
先で挙げた恋愛が冷める瞬間に自分が当てはまるようであれば、自分自身を変えていくしかないでしょう。
ただ、思い当たる節がない場合には思い切ってふたりで話し合いをしてみてください。
冷められたと感じたこと自体が勘違いという可能性もありますし、まったく予想外のことで冷められてしまった可能性もあります。

スポンサーリンク

もともと人の気持ちというのは移ろうものです。
パートナーの冷めた気持ちが戻らないようであれば、お互いのために別れを選択して、新しい出会いを探すというのもひとつでしょう。
もちろん、パートナーに冷められるのと同じようにこちらがパートナーに冷めてしまう可能性もあります。
どちらにしてもその出会いに後悔が残らないようにできるだけのことはしておきたいところですね。



スポンサーリンク



スポンサーリンク