48.アドラーの企業経営に生かす (詐欺被害にあわない) 

48.アドラーの企業経営に生かす (詐欺被害にあわない)

以前、 「他人と自分を比較 (相対評価) してはいけない」 というお話をしました。
他人と自分を比較すると、そこには、競争が発生します。
競争の先には、必ず勝者と敗者がいます。
自分が敗者になる訳にはいかないので、けっきょく相手を敵と見なすようになります。

スポンサーリンク

さらに、人間は、 「相対評価」 に陥ると、判断力が低下します ・・・ つまり、騙されやすくなります。
なぜなら、敵視する人に、意識が集中するため、それ以外の状況が、見えなくなるからです。
世の中には、このような性質を悪用する者もいるので、注意が必要です。
もし、同業他社などの具体名をあげて、競争を煽る人物がいたら、挑発に乗らないことです。

スポンサーリンク

個人的な人間関係では、自己愛の強い人ほど、他人同士を争わせる 傾向に、あるようです。
メンバー全員から、最も信頼されていなければ、気が済まないからでしょう。
例えば、周囲の人は、みな、Aさんを信頼しているのに、周囲の人同士は、信頼しあっていない。
このような人間関係に出会ったら、Aさん自身が、他人同士を争わせている可能性があります。

スポンサーリンク

中国古典の1つ、 「孫子」 には、戦争で敵をあざむく方法が、多数、紹介されています。
中でも、 他人同士を争わせ、いわゆる 「漁夫の利を得る」 方法は、基本中の基本ではないでしょうか。
また、特定の他国を、仮想敵国と見なし、国民をコントロールする国もあります。
国民の視線を他にそらせ、自分たちへの非難をかわしたり、政府に都合のよい政治を進めるためです。

スポンサーリンク

次は、私のビジネスエリアに、しばしば登場する、悪徳コンサルタントの話です。
ある飲食店の近くに、大型チェーン店ができることになりました。
するとコンサルタントは、開口一番、 店主に言ったそうです。
「あの店に勝ちたいかどうか、それだけ聞かせて欲しい」。

スポンサーリンク

その後、このコンサルタントは、数回、自分を売り込んだだけで、店主に40万円、請求してきました。
ビジネス上、このような人物に、騙されないためには、どうすればよいのでしょうか。
それは、 「他人と自分を比較する」 のをやめて、 「理想の自分と実際の自分を比較する」 習慣を、持つことです
人生にとって、 大切なことは、「誰かに勝つか負けるか」 ではなく、 「自分らしく幸せに生きられるかどうか」 ではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク