成長を続けるため自分に必要な 2つのポンを理解する 83

成長を続けるために必要な “2つのポイント”

スポンサーリンク

“自分は不完全だ」「その状態を改善しなければならない」。

成長を続けるためには、この2つの意識が欠かせないでしょう。

なぜなら、完璧な状態は終着駅を意味し、もう成長できないからです。

ですから、完璧主義に陥る人は、成長から逃げているだけだと私は判断しています。

スポンサーリンク

人間は不完全な状態で生まれ、一生成長し続けたとしても、結局は不完全な状態で終わってしまいます。

完全に到達できなかったからといって、人生に意味がないわけではない。

なぜなら、彼の成長の過程にこそ意味があるからです。

この本にも書かれていましたが、山登りの目的は登山だけではありません。

スポンサーリンク

成長についても2つに分けて考えています。

1つ目は “能力成長 “です。

能力の成長とは、同じことを正確に、あるいは早くできるようになること、違うことをできる

ようになること、難しいことをできるようになることです。

知識を増やすこともこの中に含まれます。

スポンサーリンク

私はこれまで、主に “能力 “に人生の問題解決を求めてきました。

能力を高めれば、解決できるかもしれません。

もちろん、自分の能力で対応できない場合は、その道の専門家に任せればいい。

しかし、身近な人や運に助けを求めることはほとんどありません。

スポンサーリンク

例えば、収入。
私の場合、実際の収入は、能力に見合った収入の50%以下にすべきだと考えています。

理由は、100%の収入を得ようとすると、目的が「成長」ではなく「お金」になりがちで、成功が長続きしないからです。

また、ある程度の余力を残しておけば、いざというときに収入を増やしやすくなります。

スポンサーリンク

そのため、私の気持ちとしては、必要な収入に対して2倍以上の能力を自問自答するようにしています。

年収を500万円にしたいのであれば、能力を1,000万円以上にすることが目標です。

例えば、私は20代の頃、仕事の能力を高めるために、月に100時間以上の残業を買って出ていました。

ですから、その苦労のおかげで今があるのだと思います。



スポンサーリンク