世界は分業制で成り立っている、だから人は独りでは生きていけない 6

6・人は一人では生きていけない世界は分業制で成り立っている

人間は一人で生きていけるのか?

1日、2日、1週間ならなんとか生きていけます。

しかし、1ヶ月から1年、あるいは10年、20年と完全に一人で生きていけるでしょうか。

動物の場合は、自分で食べ物を探して食べることができますし、自分で巣を作ってそこに住むこともできます。

スポンサーリンク

しかし、人間の場合、一人で食べ物を探したり、家を建てたりできるでしょうか。

例えば、農家の人は米や野菜を作ることができます。漁師は魚を捕ることもできる。自分で野菜や魚を育てられる人もいます。

しかし、ほとんどの人は、自分で食べ物を手に入れることができないかもしれません。

お店やスーパーでお金をかけて食べ物を買うことはできても、完全な自給自足の生活ができる人は少ないでしょう。しかも、一人で生きていかなければなりません。..

スポンサーリンク

家を建てるにしても、自分で建てられる人がどれだけいるでしょうか。

大工さんなら自分で家を建てることはできますが、木材や窓ガラス、コンクリートの基礎など、最初からすべてを作るのは難しいかもしれません。

しかし、縄文時代のような家を作ることはできます。ただし、電気もガスも水道もありません。もちろん、冷蔵庫や洗濯機などの電化製品もありません。

スポンサーリンク

つまり、一人暮らしをするということは、原始社会のような生活をするということなのです。現代のような便利で豊かな生活は、一人の力では実現できません。

人はお互いに助け合って生きている

現代社会の生活は、人間が協力し合って成り立っています。人が一人でできることには限界があります。一人の人間の能力だけでは限界がある。

人間が生活に必要なものを一人で手に入れるのは非常に難しく、手間がかかります。

スポンサーリンク

そのため、人間は分業という方法でさまざまな職業に就いています。

工場で生産をする人、お店で商品を売る人、学校で知識を教える先生など、さまざまな職業があります。その職業とは、価値を提供することです。

そして、価値をお金と交換して、生活に必要なものを手に入れる。

これが一人で生きるとなると、食べ物を作り、家を建て、服を作り、病気になったら自分で治さなければなりません。

スポンサーリンク

普段は何も考えずに生きていますが、よく考えてみると、いろいろな職業の人が働いてくれているからこそ、自分が生きていられるのだとわかります。

また、人間は物理的にだけでなく、精神的にも一人では生きていけません。

何かあったとき、苦しんだとき、誰にも相談できない、相談相手がいないというのはとても寂しいことです。

一人で生きていくことの難しさがお分かりいただけたでしょうか。

スポンサーリンク

人間は一人では生きていけません。

すべての人間は、お互いに助け合って生きています。

そして、人間はいろいろな人と交流することで進歩、向上していくのです。



スポンサーリンク

スポンサーリンク