4・失敗しない人間には、生きる意味がない

4・失敗しない人間には、生きる意味がない

この世には、失敗しない人間は生きていません。なぜなら、失敗しない人間がいたら、そもそもこの世界に存在する意味がないからです。

失敗しないということは、完璧であるということです。この世に失敗しない完璧な人間がいるとしたら、自分はどんな人間なのか考えてみてください。

完璧な人間はいませんが、失敗しない完璧な人間がいたらどうでしょうか。失敗しない人間の行動とはこのようなものです。

スポンサーリンク

幼児期の行動を見てみましょう。まだ歩いている幼児は、コケずに歩かなければならない。食べ物をこぼさずに食べなければならない。

小学校に入学したら、テストで全教科100点を取らなければなりません。さらに言えば、人生で受けるすべての試験が100点でなければならない。たとえ間違えても、99点以下ではいけません。なぜなら、99点以下だと不合格になってしまうからです。

学校に行くときは、遅刻してはいけません。運動会では転んではいけないし、すべての競技で1位にならなければなりません。テレビゲームで失敗してゲームオーバーになることは許されません。スーパーマリオはピーチ姫を一度に救出しなければならない。

スポンサーリンク

会社に入っても、仕事でミスをしてはいけないし、取引先からのクレームもない。人間関係は円滑で、誰にも嫌われずに交流できなければならない。

結婚生活は幸せで、子供にも恵まれ、お金にも困らず、何の不自由もなく暮らしている。そんな人がこの世に存在するでしょうか。

そんな人は、過去の歴史の中で見たことも聞いたこともないと思います。

もしそんな人がいたら、”進歩・向上 “する必要がないので、喜びを感じることができないでしょう。生きている意味がないと思いませんか?

スポンサーリンク

人間は失敗することで成功できる
人間は、人生で失敗しなければ、そこから学ぶことはできません。人間は失敗するからこそ成長するのです。

もし完璧な人間がいたら、その人はすべての失敗を経験して学んでいるはずです。実際にはそんな人はいないと思いますが・・・。

人間がこの世に生まれて「進歩を高める」ためには、失敗を経験しなければなりません。失敗の数が多ければ多いほど,人間は大きく成長します.成功の数は失敗の数」と言われていますが、これは本当です。

スポンサーリンク

世の中で成功していると言われている人と、普通の人の違いは何だと思いますか?

それは、失敗の数が成功者の方が圧倒的に多いということです。言い換えれば、成功者は普通の人よりも失敗が多いのです。

成功者は、仮説を立て、それを実践し、検証するというパターンを繰り返します。そして、精度を高め、成功へと導いていくのです。

その仮説を立てて実行する段階でミスをすることで、検証をせず、同じミスを繰り返すのです。

スポンサーリンク

簡単に言えば、試行錯誤を繰り返して成功への道を探るということです。ただし、成功者は失敗を失敗と思わないので、何度でもチャレンジできるようです。

一般の人は、仮説を立てることはできても、失敗を恐れて実行に移せません。あるいは、一度失敗すると、もう二度と失敗したくないから、もうやらないということになる。だから、成功はありえないのです。

かといって、「もっと失敗しよう」と言って、ただ失敗しているだけでは、成功はありえません。同じ失敗を繰り返さないように、「なぜ失敗したのか」「何が悪かったのか」を常に検証することが大切です。

スポンサーリンク

また、仕事でミスをすると上司に怒られたり、落ち込んだりすることがあります。しかし、そんなときは「失敗しない人はいない」と思ってください。失敗は成功するためのチャンス」と考えて、あまり気にしないようにしましょう。

失敗は成功のもと」と言われますが、失敗を恐れずに挑戦し続けることが成功の秘訣であり、自分自身の向上にもつながります。



スポンサーリンク

スポンサーリンク