存在価値を高めたいなら人に価値を提供することです 13

存在価値を高めるためには人に価値を提供することです

スポンサーリンク

自分の存在価値を高めるにはどうしたらいいと思いますか?

存在価値が高い人は、周りの人に感謝されます。

では、どうすれば周りの人から感謝されるのでしょうか?

その答えは、「人に価値を提供すること」です。

“人に価値を提供する “とは、”人を喜ばせる”、”人に感謝する”、”自分よりも困っている人を助ける “ということです。

提供できる価値が高ければ高いほど、あなたの存在価値は高くなります。

つまり、提供する価値のレベルに応じて、自分の存在価値のレベルが変わるということです。

では、「人に提供する価値」とはいったい何なのでしょうか。

スポンサーリンク

例えば、あなたが旅行に行ったとします。そこで、友人にお土産を買って帰ろうと思いました。その友人は甘いものが好きなので、その土地で有名なお饅頭を買いました。お土産をもらった友人はとても喜んでくれて、お礼を言ってくれました。

この場合は「まんじゅう」ということになりますが、友人が喜んでくれたのですから、私は価値を提供したことになります。

提供した価値は、”モノ “でなくてもいい
次に、あなたが電車に乗って仕事から帰ってきたとき、席が1つ空いていたので、ただ座っていました。

次の駅で、大きな荷物を持ったおばあさんが乗ってきましたが、空席がなかったので、あなたの近くに立っていました。

見てみると、おばあさんがかわいそうなので仕事で疲れていたのですが、声をかけて席を代わってもらいました。

スポンサーリンク

すると、おばあさんはとても喜んでくれて、あなたにお礼を言ってくれました。

この場合、あなたは「モノ」ではなく「心」の価値を提供したことになります。

そして、おばあさんはあなたの「まごころ」に感謝しました。このとき、あなたの存在価値は間違いなく高い。

このように、「人に提供する価値」は、必ずしも「モノ」である必要はありません。確かに、人は「モノ」をもらうと嬉しいですよね。お土産」や「記念品」、「誕生日プレゼント」や「クリスマスプレゼント」などをもらえたら最高ですよね。

しかし、本当に心の底から感動するのは「モノ」ではなく「思いやり」や「心遣い」なのです。

スポンサーリンク

人には「思いやり」や「心」といった目に見えないものですが、存在する「心」に対する反応には喜びと感動を覚えます。

その証拠に、過去に「親切にしてくれた人」や「助けてくれた人」のことを思い出し、記憶しているのではないでしょうか?

また、プレゼントされたものを忘れたとしても、それをくれた人のことは忘れていないと思います。目には見えませんが、人は “心 “の振動に共感しているのです。

自分の存在価値を高めるために
周りの人が自分の存在価値を感じるのは、自分が周りの人に価値を提供するときです。

その価値とは、”人を喜ばせること”、”人に感謝すること”、”自分よりも困っている人を助けること “です。

スポンサーリンク

自分の価値を高めたいのであれば、”偽善 “ではなく、”心の底から “人に価値を提供することです。

たとえ失敗しても、”存在価値を認めてもらいたい “という気持ちで行動してはいけない。

世の中全体がある法則で動いています。その一つが、心理学でいう「ギブアンドテイク」や「互恵性の規範」です。

繰り返しになりますが、その法則は例外なく適用されます。

つまり、他人に価値を提供すれば、必ず自分にも返ってくるのです。

しかし、自分に返ってくることを期待して行動しても意味がありません。ポイントは、相手に対して「心の底から提供する」ことです。

人を喜ばせる」「感謝する」「困っている人を助ける」ことで、価値ある人生を送ることができるのです。



スポンサーリンク

スポンサーリンク