31.アドラーは30歳を過ぎたら 「好き嫌い」 から卒業すると 

31.アドラーは30歳を過ぎたら 「好き嫌い」 から卒業すると

他人の評価に怯え、他人に気をつかい、他人に合わせようとする人。
日本人には、めずらしくないタイプかもしれません。
しかし、 アドラーは、このような人たちのことを、 「自己中心的」 と述べています。
なぜでしょうか。

スポンサーリンク

この本には、わかりやすい言葉で、書かれています。
他人によく思われたいから、他人を気にしている ・・・ それは、他人への関心ではなく、自己への執着。
他人を見ているようで、実際には自分のことしか見ていない ・・・ つまり、他人への関心を失い、自分にしか関心がない。
すなわち、自己中心的なのだと。

スポンサーリンク

ポイントは2つあります。
① 「承認欲求」 に、とらわれている ・・・ 他人に認められたい、評価されたいという欲求が強い。
② 「課題の分離」 が、できていない ・・・ 相手が自分をどう思うかは、相手の課題なのに、切り離していない。
両者は密接な関係にあるので、1つだけできない、というケースは、考えにくいものです。

スポンサーリンク

ここで言う 「自己中心」 の原因は、 「悪意」 よりも、 「未成熟」 にある のではないでしょうか。
なぜなら、未成年の人たちが、ふつうに持っている性質だからです。
未成年者は、成長過程にあるため、未成熟であって、当たり前と言えます。
ところが、成人後は、職場や家庭で、責任を持たされ、大人として成長していくものです。

スポンサーリンク

問題とすべきは、20代を過ぎても、未だに、その未成熟さから、抜け出していないケース ではないでしょうか。
たとえば、部下を指導するときは、組織から指示された内容を、愛情を持って、きびしく教えなくてはいけません。
しかし、嫌われたくないという気持ちが強い人は、自分が好かれることを優先し、逆に、相手の機嫌をうかがってしまいます
大人としての役割を果たせないため、部下も育たないという弊害が、そこで発生します。

スポンサーリンク

未成年時代は、 「好き嫌い」 という価値観が、自分の中で、大きな位置を占めています。
しかし、成人後は、様々な経験を経て、そこから学び、そして成長し、より重要な価値観を、人生の中に見いだすことができます。
そのために、「課題の分離の実践」 と 「承認欲求との決別」 は、避けて通ることができません。
アドラー心理学は、未成年状態から脱するために、必ずマスターすべき考え方 ではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク