3・あなたはこの世にたまたま理由もなく存在しているのでしょうか?

3・あなたはこの世にたまたま理由もなく存在しているのでしょうか?

ある人は、「人間の存在意義はない。一生懸命生きればいい」と言う人もいれば、「たまたま生まれてきた」と言う人もいます。本当にたまたま理由もなく生まれてきたのでしょうか?

物理学には「因果関係」という考え方があります。すべての事象には原因があると思うのです。
また、仏教などの宗教には因果応報という教えがあります。つまり、良いことをすれば良いことができるし、悪いことをすれば悪いことができるというものです。

スポンサーリンク

例えば、朝、学校に遅刻したとします。
遅刻の原因は寝坊でした。

さらに寝坊の原因を探ると、前の晩に遅くまで寝ていたことがわかりました。

この時、学校に遅刻した理由(結果)は、前の晩に遅くまで寝ていたこと(原因)でした。

この結果を変えるには、原因(学校に遅刻しないこと)を変えます。つまり、「前の晩に早く寝る」ことで、遅刻せずに学校に行くことができるのです。

スポンサーリンク

別の例を挙げると、あなたがインフルエンザにかかったとします。

原因はすでにわかっていると思いますが、インフルエンザウイルスがあなたの体に入り込んでしまったのです。

お医者さんに行って診察してもらい、検査でインフルエンザの陽性反応が出れば、タミフルなどの治療薬を処方してもらうことができます。

病気は、まず原因を特定し、それに効く薬を処方しなければ治りません。

スポンサーリンク

免疫力だけでは病気は治りませんが、病気の回復には時間がかかりますし、何よりも病気を悪化させてしまいます。

やはり、まず原因を突き止めて対策を講じなければ、良い結果にはなりません。

人はなぜこの世に生まれてきたのか
自分が生まれてきた原因(結果)もすべて原因だと考えるのが自然ではないでしょうか。

すべての事象(結果)には原因があります。その証拠に、自分の身の回りで起きている出来事を1つ1つ辿ってみてください。そうすれば、偶然というものは存在しないと確信できるはずです。

スポンサーリンク

あなたが生まれた理由、あなたが何のために生きているのか、あなたが存在する理由が必ずあるのです。

先ほど、人間が生まれてきた理由は「進歩を遂げるため」と言いましたが、これは人類共通の理由です。

その「進歩をよくするため」を掘り下げていくと、それぞれの人の存在理由が見えてきます。それは、”自分に欠けているものを修正するために “自分が存在し、人生を生きているということです。

スポンサーリンク

“矯正 “とは、「欠点を補い、間違いを正す」という意味です。つまり、あなたの存在理由は “欠点を補い、間違いを正すため “なのです。

この世に欠点のない完璧な人間はいません。

だからこそ、あなたは自分の人生を生きているのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク