06.アドラー他人と競争しないことが大切です   

06.アドラー他人と競争しないことが大切です

他人と自分を比較する人は、相手によって 「他人より劣っている」 と感じてしまいます。
アドラーのいうとおり、人は劣等感に耐えきれないので、早くこの状態を解消させようとします。
ここで、もし相手との差が大きい場合は、なるべくその相手に近づかないようにするでしょう。
自分以下の相手とだけ、つきあっていれば、劣等感を抱く恐れがないからです。

スポンサーリンク

反対に、もし相手との差が小さい場合は、そこに 「競争意識」 が生まれます。
その結果競争の先には、必ず勝者と敗者 がいます。
敗者にならないためには、自分が勝ち続けるしかありません。
しかしさらに、勝ち続けても、いつ負けるのかと、心の安まる暇がありません。

スポンサーリンク

人は身近な人が幸せになると、自分が不幸になったと、感じる人もいます。
逆に、誰かが不幸になると、自分が幸せになったと、感じる人もいます。
アドラーは、他人と競争する人は、自分以外の人を、やがて 「敵」 と見なす ようになってくます。
だがいくら成功しても、 「世界は敵で満ちあふれた危険な場所」 と感じると、述べています。

スポンサーリンク

他人と比較さえしなければ、他人より 「優れている」 とか 「劣っている」 と、感じなくなります。
「他人と競争する」 という概念そのものが、存在しなくなるからです。
健全な劣等感とは、 「理想 (目標) の自分」 との比較から、生まれるものであることは前回もべた通りです。
だから、 「他人との競争」 ではなく、 「自分との戦い」 に、力を注ぐ べきなのです。

スポンサーリンク

「今の自分」 と、戦うためには、もう一人の 「理想 (目標) の自分」 の存在が、必要になります。
もし、理想の自分が、世界で最も厳しい存在になれば、自分以外の人がやさしく思えてくる でしょう。
一所懸命、自分と戦っていると、その姿を見て、 「頑張ってるね」 と、周囲の人たちから励まされるものです。
その結果、 「世界はやさしい人で満ちあふれた安らかな場所」 に変わります。

スポンサーリンク

人間社会とは、実は、すさまじい競争社会なのかもしれません。
しかし、他人との競争に明け暮れると、晩年まで、神経がもたないのではないでしょうか。
そこで、あえて、 他人との競争に参加せず、未熟な自分とひたすら戦うことです。
これが 「成功」 と 「幸福」 を、両方、手に入れる方法ではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク