10.アドラー人生のタスクから逃げないことが大切なのです  

10.アドラー人生のタスクから逃げないことが大切なのです

以前、 「他人との比較をやめて、理想の自分と、現在の自分を、比較しよう」 という話をしました。
しかし、私たちは 「理想の自分」 と言われても、なかなか思いつくものではありません。
そこで、まず、目標を設定してみることです。
アドラーは、 行動面と心理面の2つに分けて、次の目標 を掲げています。

スポンサーリンク

A.行動面    ① 自立する    ② 社会と調和して暮らす

B.心理面    ① 「自分には能力がある」 という意識    ② 「他人は仲間である」 という意識

スポンサーリンク

これらの目標を達成するためには、人生のタスクから、逃げてはいけないと、アドラーは述べています。
人生のタスクとは、 「社会で生きていく上で、直面せざるを得ない人間関係」 のことです。
さらに、 「仕事のタスク」 「交友のタスク」 「愛のタスク」 の3つに分けています。
仕事、交友、愛 (恋愛、夫婦、親子) の場で、それぞれ直面せざるを得ない 「対人関係の距離と深さ」 の問題があります。

スポンサーリンク

人は、人生のタスクと向き合うことによって、自分を成長に導く課題と、出会うことができます。
その課題に取り組むプロセスの中から、生きていくために必要な教訓を学びます。
これらの作業を繰り返した結果、前述の4つの目標 (A①②、B①②) が達成されていくというわけです。
だから、人生のタスクとは、真剣に向き合わなくてはいけません。

スポンサーリンク

しかし、人生のタスクから、目を背けている人も、少なくありません。
たとえば、自分のことが十分できていないのに、他人の批判ばかりしている、 「自分には甘く、他人には厳しいタイプ」 。
また、嫌われまいとするあまり、理想も目標も持たない、 「自分にも、他人にも、甘いタイプ」 など。
結果的に、 「何が重要なのか」 がわからないまま、人生を無駄に過ごしてしまうのではないでしょうか。

スポンサーリンク

人生のタスクと向き合うために、必要なものは、やはり勇気 です。
自分が責任を負うべき、重要なことから、目を背けない勇気が大切なのです。
人生を改善するために、必要と思われる行動を、起こす勇気です。
もし、自分自身に勇気が身につけば、自信を失った他人を、勇気づけることもできるのですから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク