38.アドラーの「縦の関係」 と 「横の関係」とは?! 

38.アドラーの「縦の関係」 と 「横の関係」とは?!

対人関係のとらえ方には、 「縦の関係」 と 「横の関係」 があります。
「縦の関係」 でとらえる人は、相手によって、上下を意識します。
たとえば、 「Aさんは自分より上」 だが、 「Bさんは自分より下」 など。
これに対して、 「横の関係」 でとらえる人は、 「人間はすべて対等」 と、意識しています。

スポンサーリンク

この本には、この2つの対人関係のとらえ方ついて、次のように書かれています。
人間は不器用なので、 「縦の関係」 を築くか、 「横の関係」 を築くかを、相手によって、使い分けることができない。
「縦」 か 「横」 の、どちらか一方しか、選べないので、 「Aさんとは対等で」 「Bさんとは上下関係で」 とは、いかない。
もし、誰かと 「縦の関係」 を築いていたら、あらゆる対人関係を 「縦」 でとらえている、そうです。

スポンサーリンク

対人関係を 「縦の関係」 でとらえると、様々な弊害がある ことを、これまでお話しました。
他人に嫌われたくないという思いが強い、他人の期待を満たそうとする、自分のことが好きになれない。
他人と自分を比較し、不健全な劣等感に悩む、他人と競争するため、最終的に他人を敵と認識し、気が休まらない。
課題の分離ができない、他人を操作するために、他人を評価する ・・・ など。

スポンサーリンク

アドラーは、1人でもいいから、 「横の関係」 を築くことを、勧めています。
それを突破口に、あらゆる対人関係を 「横」 にしていく。
「横の関係」 とは、意識の上で対等であり、主張すべきは堂々と主張する。
もちろん、相手の立場を考慮せず、礼を失するようなことがあってはいけませんが。

スポンサーリンク

私は、たぶん、子供の頃から、 「横の関係」 が、ベースにあったと思います。
だから、人を上下に分けるにしても、何を基準に、何を単位に、何で測定すればよいのか、 わかりません。
明確な基準、単位、測定器具が見つかったとしても、それは、一体、誰が決めたことなのでしょうか。
正直、人を上下に分けるのが、面倒なこともあり、誰に対しても、ワンパターンで接しています。

スポンサーリンク

おかげで、立場が下の人には、ありがたがられる反面、尊敬されたくて仕方がないような人には、不評かもしれません。
また、名誉や地位、権力に対して、こだわりが強い人も、面倒に感じます。
「罪を憎んで、人を憎まず」 と言われます。
人は、 地位、収入、家柄、国籍、出身地 などではなく、行為によって、判断されるべき ではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク