84. 人生観を豊かにする本当のやり方を教えます!

人生観を豊かにする本当のやり方を教えます

2つ目は「思考の成長」です。

自分の能力を向上させたいが、何のために向上させればいいのか?
自分の能力を高めたいが、どのような能力を高めればいいのか?
自分の能力を向上させたいが、どのように向上させればよいのか?

スポンサーリンク

これらの「どんな○○か」という部分の判断力を高めるためには、「思考の成長」が必要です。

考え方」を成長させれば、彼女が同じ人生を歩むことが容易になります。

例えば、「課題の分離」という考え方をマスターすれば、他人に関する課題を切り離すことができます。

考え方」とは、そうした技術的な考え方から、基本的な人生観(価値観や世界観も含む)まで幅広く意味しています。

スポンサーリンク

前回お話しした「能力の成長」と「思考の成長」のうち、この技術的な思考方法は重要です。
しかし、最も重要なのは「人生観」です。

なぜなら、幸福感を得られるかどうかは、結局、人生観で決まるからです。

豊かな人生観を持っていれば、たとえ不運に見舞われても、そこに幸福感を得ることができます。

スポンサーリンク

逆に、貧しい人生観に支配されていると、幸福感を得るのは難しいでしょう。

自分以外の誰かに聞いただけでは、常に不満が溜まってしまう傾向があります。

たとえ恵まれた環境にいたとしても、その価値に気づくことができず、それを活かしたり、大切にしたりすることができません。

そのため、幸せは長続きせず、不幸から抜け出すチャンスもなかなか訪れません。

スポンサーリンク

自分の人生観を高めるためには、自分とはレベルの違う人から学ぶ方法があります。

そんな人に出会える確率は限りなくゼロに近いので、私は本を利用しています。

アインシュタイン、ドラッカー、アドラーなど、過去の偉人が残した言葉からは、大切な方向性を得ることができました。

中国の古典では、理論や菜根譚などがわかりやすいと感じました。

スポンサーリンク

世の中には、常に変化するものと、不変のものがあります。

変化するものの代表は、科学技術や医学、人や企業の盛衰などです。

一方、人間の内面の基本的な部分は、紀元前からほとんど変わっていない「自分」だと思われます。

その部分を学ぶには、先人の言葉や伝承されてきた古典が非常に有効でしょう。



スポンサーリンク

スポンサーリンク