46.アドラーの「自立」 の意味は、年齢によって変わる  

46.アドラーの「自立」 の意味は、年齢によって変わる

以前、ご紹介した、アドラー心理学の目標は、共同体感覚を高めるためにも、有効です。
A① B①は、 「自己受容」 に関するものであり、A② B②は、 「他者信頼」 「他者貢献」 に、つながるもの です。

A.行動面の目標 ① 自立すること ② 社会と調和して暮らせること
B.精神面の目標 ① 私には能力があるという意識 ② 人々は私の仲間であるという意識

哲学者カントも、次のような言葉 (記憶の範囲内で要約したもの) を、残しています。
人間の内面における、最も偉大な革命は、 「未成年状態を脱する」 こと。
ところで、この 「未成年状態を脱する」 とは、何を意味するのでしょうか。
これも、 「自立」 と考えられます。

スポンサーリンク

「自立」 の意味は、年齢によって変わる のではないでしょうか。
たとえば、20代前半の人が、自分の収入で、賃貸住宅を借り、一人暮らしをしていたら、これは 「自立」 と言えます。
社会人として、初めての経験ばかりですから、これで精一杯でしょう。
しかし、30代後半の人が、同じ暮らしをしていたら、これを 「自立」 と呼ぶべきでしょうか。

スポンサーリンク

30代後半になれば、多くの人が、何らかの形で、誰かを助けています。
子供や親を養っている人もいれば、職場で従業員や後輩を育てている人もいます。
だから、30代後半になっても、自分のためだけに、生きている人が、自立しているとは、言い難い ものです。
ここから先へ進むためには、どのような方向を、目指せばよいのでしょうか。

スポンサーリンク

アドラー心理学においては、行動面の目標として、もう1つ、 「社会と調和して暮らせること」 が、揚げられています。
それを支える、心理面の目標は、 「人々は私の仲間である」 という意識です。
つまり、 他人、組織、社会などを、仲間と意識し、そこに 「信頼」 と 「貢献」 がなければ、 「自立した大人」 とは言えません。
自分の収入で、一人暮らしをしているだけで、 「自立」 と認められるのは、せいぜい20代まで、と考えてください。

スポンサーリンク

また、 「親離れできない子には、子離れできない親がいる」 と、言われます。
何れが、罪深いのかと言えば、間違いなく 「子離れできない親」 です。
親は年長の立場にありますから、子供より分別があって、当たり前ですが、それができていません。
親が 「自分の自立」 を、望んでいないと感じたら、知恵を絞って、脱出していただきたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク