自殺の答えは3つに分けられます 25

自殺の答えは3つに分けられます

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自分の価値基準で考えても、正しい答えは出てこない
自殺は良いのか悪いのかという問いに対する答えは、

大きく3つに分けられます。

1つ目は「善」、2つ目は「悪」、

そして3つ目は「善でも悪でもない」です。

第一の答えは、自殺を「善」と考える人は、

「苦しみから解放されるから」「自分で死ぬ権利があるから」

「他人に迷惑をかけなければ何をしてもいいから」。といった具合です。

スポンサーリンク

2つ目の答えは、自殺を “悪 “と考える人は、

“他人を悲しませるから”、”他人に迷惑をかけるから”、

“自分で人生を終わらせないから”。

3つ目の答え、”善でも悪でもない “は、

“善悪で判断してはいけない”、”善でも悪でもない”、

“わからない “という理由です。

多くの人は、いろいろな考え方があり、

法律で罰せられることもないので、自分の価値基準で判断しています。

しかし、いくら自分の価値基準で考えても、正解は出てきません。

スポンサーリンク

この質問を、正しい「善悪の基準」に当てはめてみると、

自然に答えが出てきます。
結論から言うと、「自殺は悪である」ということになります。

自殺が悪である理由は大きく分けて2つあります。

(1)第一の理由は、動機が「利己的」で「自分勝手」だからです。

自分が相手の立場だったらどう思うかを考えてみてください。

自殺したら、親、子、兄弟、親友がどう思うかを考えなければなりません。

もちろん、苦しみから逃れたいと思って自殺を考えるわけですが、

私が自殺したら周りの人たちはどうなるでしょうか。

一生、周りの人に深い悲しみや苦しみを背負わせることになります。

これは利己的であり、自己中心的であり、

“自分が楽になればそれでいい””自分が良ければ人のことは気にしない

“という悪しき考えです。これを悪ではないと思っている人は、

逆の立場になって経験しないとわからないでしょう。

スポンサーリンク

(2)第二の理由は、人間の存在理由である「進歩を向上させるために生まれてきた」という目的が途中で放棄されていることです。

人が生きる理由や目的については、第1章と第2章で詳しくお話していますので、

そちらをお読みください。

あなたはなぜ生まれたのか?何のために生まれてきたのか?と聞かれても、

正しい理由を理解していなければ、間違った道を歩んでいることになります。

正しい知識を持たずに生きることは、

運転免許証を持たずに道路を走ることと同じです。

無謀な運転は取り返しのつかない悲劇を招くだけです。

また、自殺ではありませんが、自分を傷つける行為も

「悪」です。理由は、自分自身が苦しんでいるからです。

意図的に自分を傷つける行為は「悪」であり、

相応の対価を支払うことになります。

スポンサーリンク

自殺は殺人と同じ罪

ほとんどの良識ある人は、「自殺は悪」と考えていると思います。

その理由は、人はある程度、理性や良心で善悪を判断できるからです。

しかし、苦しみに直面すると、人は理性や良心では正しい判断が

できなくなります。したがって、正しい判断をするためには、

日頃から正しい知識を身につけておく必要があります。

現在の日本では、自殺は法的には犯罪ではありませんし、

家庭や学校での適切な教育もありません。そのため、

「自殺は悪」という考えを持たず、

「人に迷惑をかけなければ何をしてもいい」と考える人が残念ながら存在します。

スポンサーリンク

自殺をするということは、自分を殺すことです。

罪のレベルで言えば、これは殺人と同じ重さの罪である。

現在、人間が作った法律は罪にはならないが、

世の中には「因果律」や「因果応報」というものがある。

例えば、「万有引力の法則」のように、

この自然界には様々な普遍的な法則が働いています。

しかし、人間の五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)

では認識しにくいため、注意深く観察しないと見落としてしまいます。

スポンサーリンク

自殺の原因を作れば、必ずそれに見合った結果が出てきます。

これは神の罰というよりも「万有引力の法則」と同じで、

自動的に働くと考えればわかりやすいでしょう。

また、人は「自殺すれば楽になる」「自殺すればすべてが終わる」

「自殺すれば自我がなくなる」と思っているようですが、

その考えは100%間違っています。

なぜなら、死後の世界はすでに一流の科学者によって

証明されているからです。

詳しくは、”自殺したら?”をお読みください。ジンセイアンナイのホームページの第9章にて。



スポンサーリンク